動労千葉OB会第23回総会

動労千葉を支え、OB会員の拡大を
動労千葉OB会第23回総会

 5月23日そぼ降る雨の中、OB29名、総勢33名の参加で2010年度OB会総会がDC会館において開催されました。
 高野隆さん(総武)の開会のあいさつで始まり、座長に渡辺敏博さん(館山)を選出し、会は進められました。
 冒頭、中村武夫会長(幕張)は、あいさつの中で「①動労千葉を助けながらOB会の活動をやっていきたい。②会費納入者が当初目標の50名を超えたので、これからは100名をめざしたい。③OB会のこれからの取り組みを色々提案してもらいたい」との提起がありました。続いて田中委員長からは、「①故中野顧問の功績、②1047名闘争の厳しい現状、及びこれからの闘い、③職場でおきている第2の分割・民営化攻撃=外注化問題、④組織拡大の実現などが強く訴えられ、「団結することによって道は切り開かれるので、これからもOB会の力、意見、知恵を借りたい。OB会をもっと強化してもらいたい」とのあいさつがありました。
 引き続き行われた議事では、布施宇一事務長(千葉転)より2010年度運動方針案が提起され、①会費納入人員100名をめざして取り組む。②年2回のOB会ニュースの発行、③物販闘争や集会など動労千葉の闘いに積極的に協力・参加することなどが質疑され、満場一致で採択されました。
 第23回総会は、小島鎮雄さん(木更津)の閉会のあいさつで無事終了しました。
 この後、全員の参加で第2部の懇親会が行われ、終始なごやかな雰囲気のなか、昔話に花を咲かせていました。途中、即興で高野さんによるマジックの披露があったりして、しばし時を忘れて歓談し、そしてまたの再会を誓い、それぞれDC会館をあとにしていきました。
 OBの皆様のご健康とご活躍を期待するとともにOB会の応援に応える意味でも、組合員全員の力でなんとしても組織拡大を実現しよう。団結してガンバロー!