11・2労働者集会へ③労働者の団結した力で社会を変革しよう

11月労働者集会へ総結集を③
たたかう労働組合の全国ネットワークをつくろう!
11・2労働者集会へ総結集を

昨年の11・4労働者集会デモ

労働者の団結した力で社会を変革しよう!

 11・2労働者集会の1万人結集へ向けて総決起しよう!そのためにもまず組織内からの根こそぎの動員をかちとろう。

金融大恐慌のはじまり

 今年の11月労働者集会は決定的に重要な集会となった。
 世界中で金融大恐慌がはじまっている。サブプライムローンの破綻からはじまった金融危機は、アメリカのほとんど全ての金融機関を破綻に追い込み、米政府が75兆円の公的資金の投入を発表してもその危機は収まるどころがますます拡大している。この1ヶ月の間に全世界で1400兆円が消失したと言われている。 実体のないマネーゲームが崩壊する中でその影響が実体経済へも及び、米、EUや日本はそろってマイナス成長に突入している。こうした現実は、労働者に対する激しい攻撃として襲いかかってきている。
 この金融大恐慌に対して労働者の激しい怒りが渦巻いている。ニューヨークでは「救済ではなく刑務所だ!」「ウォール街に金出すな!労働者に金を出せ!」のデモが巻き起こっている。
 労働者の団結した力が、時代の最前線に登場する時が来た。「競争こそ万能」「企業活動に無制限の自由を」という新自由主義攻撃の前に後退を強いられてきた労働運動がいよいよ荒々しく復権しようとしている。世界中で首切りや賃下げ、民営化、貧困や窮乏の急速な進行に対し、津波のようなストライキや食糧暴動や民族解放の闘いが燃え広がっている。
 この10年間の11月労働者集会と国際連帯の闘いは、こうした時代とかみ合って大きな力となろうとしている。
 日本においても、自民党支配は終わりを告げようとしており、巨大な変化が始まっている。蟹工船ブームやワーキングプアに突き落とされた青年たちが闘いに立ち上がり始めている。北海道教組や全駐労のストライキ、漁船や運送業者のストライキや「休業」など怒りの声は日本中に満ちあふれている。労働者の団結した力で麻生政権を打倒しよう。

1万人結集を実現しよう

 今、われわれに求められていることは闘う労働運動を復権させることだ。11月労働者集会にはその力があり、バラバラに分断された労働者を一つに団結させて闘おう。
 第一に、連合や全労連の屈服を突破し、現場からの反乱を組織しよう。ヨーロッパをおおうストライキの波は「08賃金反乱」と呼ばれている。非正規職撤廃、生活防衛、大幅賃上げ獲得、最低賃金引き上げを求める怒りの声を結集しよう。
 09春闘に向けて「ゼネストで闘おう!闘う労働運動を復権させよう!」という声を全国に発信しよう。
 第二に、国鉄1047名の解雇撤回闘争を先頭に、民営化・労組破壊と、改憲・戦争にたち向かう全ての労働者の怒りの声を結集しよう。われわれは、「解雇撤回」を引き下ろし、動労千葉を排除して進められている「4者・4団体」による「政治解決」に反対し、1047名の解雇撤回をかちとろう。
 第三に、労働者の国際連帯闘争を発展させよう。ILWUは、戦争反対を掲げ米西海岸の全29港を止めるメーデーストに立ち上がった。韓国では、百万人の労働者が街頭を埋め尽くす闘いに立ち上がっている。
 今ほど万国の労働者の団結した力が求められている時はない。全国ネットワーク運動の本格的な発展を作り上げよう。青年労働者の組織化へ全力でとりくもう。

生きさせろ!大幅賃上げ、非正規職撤廃のストライキを!
国鉄1047名解雇撤回!万国の労働者団結せよ!
11・2全国労働者総決起集会

日 時   11月2日 12時
場 所   日比谷野音