スト破りをするな!  みんなが声をあげれば、外注化は阻止できる!  スト破りを拒否して2名の仲間が結集!

スト破りをするな!

 みんなが声をあげれば、外注化は阻止できる!

 スト破りを拒否して2名の仲間が結集!

 全ての組合員のみな さん!
 2月1日、幕張支部において、2名の仲間が会社の不当なスト破りを拒否して動労千葉に結集しました。
 JR千葉支社が津田沼支部・滝君に対するライフサイクル異動と、幕張支部・小沢副支部長に対する派出検査への強制配転という動労千葉破壊攻撃に対して渾身のストライキを闘いぬいている渦中で、2名の仲間が断固としてスト破りを拒否して動労千葉に結集したことは、会社側のスト体制を震撼させる大きな勝利 だ。
 

強制配転に対する怒りで一杯だ」ー小沢副支部長
 幕張車両センター入口では、7時30分より抗議行動が行われた。幕張支部組合員と支援する会の仲間は、会社側管理者が入口でピケを張る中で街宣・抗議行 動を展開し、出勤する他労組の労働者に「スト破りをするな」と熱烈に訴えた。8時10分、中山君が動労千葉に加入したことを通告し、ストライキに入ること が確認され、抗議行動に参加した仲間から大きな拍手がわき上がった。
 8時30分からは、快速線を挟んでの抗議行動に移り、派出検査に強制配転された小沢副支部長からは「怒りで一杯だ」との熱烈なあいさつが行われ、点呼場 を直撃するシュプレヒコールが叩きつけられた。

 「ライフサイクル粉 砕まで闘う!」ー津田沼・滝君

 13時からは習志野運輸区門前において、津田沼支部を先頭に各支部からの動員者や動労千葉を支援する会の仲間など280名が結集して、ライフサイクルに よる滝君への強制配転に対する抗議行動が行われた。相馬支部長が怒りのシュプレヒコールを叩きつけ、滝君からは「ライフサイクルを粉砕するまで闘う」との 熱い決意が語られた。
 一方会社は、動労千葉がライフサイクル撤廃の怒りの声をあげる中で、このままでは「平成採」運転士が動労千葉に加入してしまうという危機感から、会社の 自動車に運転士を乗せて習志野運輸区と津田沼駅間での送り迎えを行うという、信じがたい対応を行ったのだ。前代未聞だ。こうした事態に門前に結集した仲間 達は怒りを倍加させて抗議行動を叩きつけた。
 その後、15時から行われた「スト貫徹!動労千葉総決起集会」には、ストに突入した組合員を先頭に400名を超す仲間が結集し、会場があふれかえる中で 意気高くかちとられた。
 集会では幕張支部・山田支部長が新たに加入した二人を紹介し「強制配転されたりして悔しい思いをしてきたが中山君と榎本君が加入してくれストライキに突 入した。外注化を阻止する大きな第一歩になった。これから大きな闘いになる。外注化は全部が偽装請負だ。出向も就業規則に書いていない。この闘いは勝て る」と発言。
 総決起集会後は千葉支社前に移動し怒りの抗議行動をたたきつけた。

——————————–

スト破りはしたくな い!

幕張支部・中山健二君

 国労で30年間やってきました。国労を辞めるのは本心ではありません。しかし、スト破りはしたくなため、国労に指名ストを要求しましたがだめでした。こ れではやっていけないという思いから動労千葉に加入しました。よろしくお願いします

 

気持ちは一緒!

幕張支部・榎本純也君

 今回、動労千葉に入った榎本です。気持ちは中山君と一緒です。これからも一生懸命頑張ります。よろしくお願いします。

——————————–

 闘争宣言

 今日、われわれは新たな闘いに突入する。この闘いは第二次分割・民営化反対闘争だ。情勢は回りめぐって、再び渾身の力をふりしぼって立ち上がるときがき た。この闘いは一度二度のストライキでは終わらない数年がかりの大闘争になる。
 だがその闘いは、23年前の国鉄分割・民営化攻撃がそうであったように、労働者と労働運動の未来を左右する闘いだ。そして何よりもわれわれには、首をか けて国鉄分割・民営化攻撃に立ち向かい、団結を守りぬいた地平があり、その闘いの渦中で鍛えられた団結がある。
 23年前の国鉄分割・民営化反対闘争は、新自由主義攻撃の出発点をなす攻撃との闘いだった。そして新たな闘いは、それが全て破産し、ありとあらゆる矛盾 が吹き出す渦中での闘いだ。この闘いをやりぬけば、今はまだ団結する手立てを見いだせていない無数の労働者の怒りの声が堰を切ったように流れだす。今日は まだおとなしい労働者の大反乱が始まる。われわれはそのことを確信して立ち上がる。

 「外注化」は究極の合理化攻撃だ。JRを数百の子会社・孫会社に分割し、無数の労働者を非正規職に突き落とす攻撃だ。それがもたらすのは第二の尼崎事故 である。
 NTTや日航の現実を見てほしい。この20年余り、こうやって労働者が最底辺へと突き落とされてきたのだ。「ワーキングプア」「派遣切り」「貧 困」……。こんな言葉を聞くのはもう沢山だ! 人と人の社会的連帯を断ち切り、雇用・教育・医療・年金・社会保障、……全てを競争原理の中に叩き込んで、 人が生きていく術を破壊した奴らを許すな! 労働者に絶望を強制し、未来を奪った奴らに反撃を始める時だ。
 それは同時に、労働組合の再生をめざす闘いでもある。労働運動の現状を変えない限り何も変わらない。
ここに今問われている核心問題がある。労働者が置かれた酷い現実は、自然になったものでも、避けがたい必然だったわけでもない。民営化・規制緩和という国 家をあげた攻撃の中で、労働組合が屈服と変質を深め、その手先となることによってもたらされたのだ。それは労働組合の犯罪でもあった。われわれは絶対にこ の流れを断ち切ってみせる。

 資本主義体制が断末魔の危機に悲鳴をあげ、それが労働者にさらなる惨禍をもたらそうとしている。こうした情勢が、あらゆる勢力を国鉄分割・民営化の原点 に
引き戻している。1047名闘争をめぐる「年度内決着」という民主党・連合政権の動きは、どこから怒りの声が噴き出すかもしれない現実への恐怖を示すもの であり、
この闘
いに始末をつけなけ