幕張で新たな不当配転!11.1全力で日比谷へ

幕張で新たな不当配転!

直ちに撤回しろ!

 幕張車両センターで、先月に続き、千葉検査派出への再び配転通知が出された。動労千葉の組合員に狙いを定めた新たな組織破壊攻撃だ。絶対に許せない。
 11月1日付の配転を通告されたのは福島君。彼は、本区ではたった一人の館山検査派出の予備要員であった。それを千葉派出に配転しようというのだ。館山派出は、今でも怪我による長期病欠者がでたために、勤務はガタガタになっている。これは、ハンドル担当が必要なのに、先月、ハンドルを持てない者を配転した結果でもあるが、これから一体勤務をどのように回そうと考えているのか。全く何ひとつ正当な理由のつかない不当配転だ。千葉支社は、福島君への配転通知を直ちに撤回しろ!

全くの無為無策!

 幕張車両センターでは、今後1年半弱の間に30数名が定年退職する。それをどのように補充しようというのか。千葉支社は、組合が何度質してもいっさい回答せず、毎月直前になって、その場だけをのり切るための配転を強行し、そのために新たな矛盾が次々に発生している。全くの無為無策なのだ。
 だがそれでも、組織破壊の意志だけは貫こうというのだ。こんなデタラメ、こんな不当は絶対に許せない。年末から来年にかけて、これからも毎月のように退職者がでる状況だ。
 われわれは何度でもストライキを含む闘いに立ち上がる決意だ。組織破壊-業務外注化を許すな! 交番検査からの業務外しを直ちに止めろ! 闘争体制をさらに継続・強化しよう!

改憲と民営化・労組破壊に立ち向かう国際的団結を
11.1全力で日比谷へ

 11月1日までもうわずかだ。最後まで全力結集の取り組みの強化を訴えます。
 恐慌が世界をのみ込んで進行し、労働組合がいかなる役割を果たすことができるのかが問われている。われわれは今年の11月集会で、「労働運動の現状を変えないかぎり何も変わらない」「吹き荒れる攻撃が全世界で労働者を深い眠りから呼び覚まし、世界中でストライキやデモの嵐が轟いている。階級的労働運動が荒々しく復権するときがやってきた」「今こそ団結をとり戻し、闘いに立ち上がろう」と訴える。
 そのために、「国鉄1047名解雇撤回」の旗を全ての労働者の怒りの声の先頭におし立てなければならない。派遣法撤廃、道州制粉砕、改憲阻止に向け全力で闘いに立ち上がろう。

 新規の国債発行(借金)が税収を上回るという、史上初めての事態が起きようとしている。日本は国家的破産に直面し、それが労働者への攻撃を激化させ、戦争への衝動に拍車をかけようとしている。民主党には政策選択の余地などない。電機連合、自動車総連、UIゼンセン同盟など、政権の中枢に座った連合の右派幹部たちは、労働者の首切りや賃下げを推進してきた資本の手先だ。支配階級が、労働者にメシを食わせることもできなくなり、「労働組合」の手によって労働者を支配する政権が登場したのである。

 われわれはかたくなに二つの原則を貫いて闘い続けてきた。ひとつは、現場の労働者が直面する困難や苦闘から絶対に離れずその中に身を置き続けること。もうひとつは、団結した労働者の闘いは社会を変革し歴史をつくる力をもっているという階級的立場への確信だ。そしてそれが、大きな力をもち、可能性をもつ時代がやってきた。その闘いは、全国各地に多くの「動労千葉派」の仲間を生み出し、国境をこえた連帯を生み出した。今年の11月集会には、日韓米だけでなく、ブラジル、ドイツの仲間たちが結集する。すばらしいことだ。11月1日、全力で日比谷野音に結集しよう。