千葉支社-駅要員の大幅削減を提案

千葉支社-スイカエリア拡大-駅要員の大幅削減を提案(9/30)
ローカル切り捨てと駅での安全を崩壊させる要員削減を撤回しろ!
6駅への自動改札機導入と17名の大幅な要員削減
52駅の内、委託21、簡易委託6、無人14という状況だ!

 9月30日、千葉支社は、「スイカエリアの拡大」及びそれに伴う営業関係の要員削減提案を行ってきた。

【スイカエリア拡大について】
◆総武本線・松尾~銚子間
◆外房線・浪花~安房天津間
◆内房線・青堀~安房鴨川間
◆成田線・久住~椎柴間

【自動改札機の設置について】
◎総武本線 旭、銚子
◎外房線 勝浦
◎内房線 館山、安房鴨川
◎成田線 佐原
 ※直営の内、八日市場、大貫、千倉、小見川の各駅については、簡易スイカ改札機を導入。

【要員削減について】
■旭駅  管理▲1
     一般▲1
■銚子駅 一般▲2
■勝浦駅 一般▲3
■鴨川駅 一般▲3
■館山駅 一般▲4
■佐原駅 一般▲3
合計  管理▲1、一般▲16

【教育・訓練について】
●10月末~ 職場代表者へのシ ステム、制度等の概要説明。
●11月~ 職場代表者による職 場での教育を行う。
●12月~1月 営業トレーニングセンターでの集合教育実施。
●2月~ フォロー期間。

【実施時期】
 実施時期は、2009年春の予定で、詳細は別途提案。

 左記の表を見ても明らかなとおり、スイカエリアに拡大した地域の状況は、52駅の内、委託駅21、簡易委託駅6、無人駅14で、直営はわずか11駅だ。この状況でさらに自動改札機導入=駅要員削減が行われるということは、安全の要となるべき駅における運転保安を根底から崩壊させるとともに、ローカルの切り捨てに拍車をかけるということだ。スイカエリア拡大=自動改札導入絶対反対!駅要員の大幅削減を撤回しろ!