基地再編攻撃にストで闘おう!千転大会  OB懇談会

千葉運転区支部第35回定期大会開催(12/1)
  基地再編攻撃にストライキで闘おう!

 12月1日、DC会館において、第35回千葉転支部定期大会及び第34回支部定期総会が行われた。
 議長に高橋正君を選出し、最初に大野支部長が挨拶を行った。
 大野支部長は、「今年2月の北嶋君へのライフサイクルによる千葉駅への強制配転に対し、支部全体で抗議行動を貫徹でき、団結力が深まったのではないかと思います。また、勝浦市長選も結果は残念でしたが、支部一丸となって闘えたと思います。現在の基地再編問題は、銚子支部ではすでに指名ストに入っていますが、千葉転においても、この攻撃を銚子支部と共に、絶対許さない体制で闘っていきたいと思います」と挨拶した。
 その後、渡辺乗務員分科会長から、新人事賃金制度の攻撃もあり、賃下げが行われようとしていることが訴えられた。本部・田中委員長より挨拶を受けた。経過報告、議事の後、質疑では次のような意見が出された。

【質疑】
・基地再編問題で指名ストの闘い方について。
・韓国や広島などの派遣を一般組合員も行った方がいい。
・予備の後に入る交番がずいぶんとずれている。予備での勤務で日勤の付け方がひどい。
・線路陥没はどうなっているか。
 などの意見が出された。
 新たな執行体制を確立し、基地再編攻撃に対する万全のスト態勢を打ち固める大会となった。


今年も大受けの高野マジック

OB会懇談会を開催(11/23)

明るく元気に動労千葉を支えていこう

 11月23日、DC会館においてOB会懇談会が開催されました。高野隆副会長の開会のことばで第一部が始まり、渡辺敏博さんを議長に選出しました。
 最初にあいさつに立った中村武夫会長は、「11月6日の東京・日比谷野音での全国労働者集会にOB会から14名の参加をかちとった。これからも明るく元気に動労千葉を支えていきたい。また、さらにOB会を発展させたい」と訴えました。
 本部より田中委員長から①検修・構内業務外注化問題、②指名ストライキ中の佐倉運輸区新設問題、③グリーンスタッフが来年3月より毎年解雇される雇い止め・有期雇用問題等々、JRの現状と「日本の労働者の39%にあたる1500万人が正規から非正規雇用へ突き落とされた。これを何とかしなければ労働運動の発展はない。」と強く訴えました。
 続いて布施宇一事務長より経過と、10年目の節目を迎えたOB会の当面するとりくみが、「あせらないで着実に前進しよう」と提起されました。
 休憩をはさんで、水野正美さんの乾杯で、第二部の懇親会が始まりました。少しお酒が入ったところで、恒例の高野マジシャンのマジックショー。話も盛り上がり、あっという間に時間が経ちました。次回春のOB会総会での再開を誓い、山口敏雄さんの一本締めで終了しました。