3・20ワーカーズアクションに1880人が結集

3・20ワーカーズアクションに1880人が結集!
危機深める民主・連合政権打倒を訴え、渋谷をデモ!

全国から1880名が結集、1047名解雇撤回-沖縄の怒りで民主・連合政権打倒を誓う(3/20代々木)

国鉄闘争勝利へ、全国運動の展開を呼びかける

「国鉄闘争の火を消すな」と、全国運動の展開を訴える田中委員長
全集会後、渋谷駅に向けてデモ行進に向かう全国の労働者。デモの先頭には動輪旗が翻った。(3/20代々木公園)

 3月20日、13時から、東京・代々木公園B地区小音楽堂において、「イラク反戦7周年!3・20ワーカーズアクションin渋谷」が開催され、全国各地で奮闘する青年労働者を先頭にして1880人が結集し、1047名解雇撤回闘争の破壊と沖縄への米軍基地押しつけ、そして何よりも労働者を塗炭の苦しみに追いやっている民主党・連合政権打倒を訴えて渋谷デモを闘いぬいた。
 集会冒頭、動労千葉・田中委員長が特別報告を行い、鳩山政権や4者4団体による1047名闘争に対する「解決」と称する闘争解体策動を厳しく弾劾するとともに、分割・民営化に次ぐ重大事態であり、動労千葉として絶対に国鉄闘争の火を消すことはできないとの立場から、全国運動を呼びかけ、労働者の怒りの声の結集軸とすることを提起した。

大恐慌の時代に、闘う労働組合の再生をかちとろう!

 動労水戸・石井委員長からは10春闘にストに決起して参加しているとの報告が行われ、国労秋田闘争団の仲間からは『解決案』をキッパリ拒否して解雇撤回まで闘うとの熱烈な決意が明らかにされた。
 さらに沖縄の労働者からは、沖縄への米軍基地押しつけを絶対許さず、4・28~5・15闘争に結集を訴えた。
 また、三里塚からは北原事務局長が登壇し、第3誘導路建設と団結街道廃止を狙う政府・NAAを厳しく糾弾し、3・28現地集会への第結集を訴えた。
 百万人署名運動、裁判員制度反対を闘う弁護士等々からの発言を受け、全国の青年労働者の決意表明が行われ、動労千葉からはライフサイクル攻撃と断固闘う決意を滝君が訴えた。
 集会後、参会者が渋谷駅前に向けてデモ行進に出発。若者で溢れかえる中を「青年の未来を奪うな」「まともな賃金をよこせ」「ストライキで闘おう」などのシュプレヒコールが谺した。
 大恐慌の時代に突入する中で、闘う労働組合の再生に向けて、反合・運転保安確立、組織拡大を全力で闘いぬこう!