3.29三里塚全国総決起集会 旧「成田市営グラウンド」で集会 成田市内を長蛇のデモ

安倍政権を打倒する総反乱を!

3.29三里塚全国総決起集会


47年前の市営グラウンドで機動隊と激突

旧「成田市営グラウンド」で三里塚集会

3月29日、47年前、反対派支援の学生と機動隊が衝突して流血の舞台となった旧成田市営グラウンド(栗山公園)で「市東さんの農地取り上げを許すな! 戦争とめよう!」三里塚全国総決起集会が920人の結集で開催された。 3月4日の東京高裁における農地裁判の結審強行を徹底弾劾し、「不当判決は許さない!闘いはこれからだ」と意気高く宣言した。

戦争と農地強奪を許さない

婦人行動隊の木内敦子さんの司会で本集会が開始され、主催者あいさつとして北原鉱治事務局長が登壇した。「47年前、反対同盟と青年・学生は機動隊と激しく激突したこの場所で集会を開くことができて感無量だ。安倍政権は戦争政治を行い、市東さんの農地を奪おうとしている。再び強制代執行のような事態を許してはならない」と訴えた。

“労農連帯の絆”

つづいて、動労千葉の田中康宏委員長、動労水戸の石井真一委員長が登壇した。石井委員長は常磐線開通を強行するJR東日本を激しく弾劾し、被曝労働拒否を闘いぬくことを明らかにした。田中委員長は、47年前の成田グラウンドの激突に動労千葉からも多数の青年部が参加し、今日の集会にも参加していることを報告した。さらに、この地で始まった三里塚実力闘争を共に闘った組合員が、ジェット燃料輸送阻止を実力闘争として闘い抜き、その力が国鉄分割・民営化と闘い抜く力となったと語った。そして労農連帯のきずなをさらに発展させることの中に、日本の労働運動を変革する展望があることを訴えた。

命を奪う原発と空港建設に立ち向かう

関西新空港反対住民のあいさつに続いて、反原発を闘う福島から佐藤幸子さんが発言を行った。ドイツ、アメリカの反原発の闘いとの連帯を示し、「復興」「除染」とは名ばかりの福島の現実を鋭く告発し、三里塚と連帯して命を奪う原発と空港建設に立ち向かう決意を述べた。さらに沖縄・辺野古新基地建設阻止、経産省前テント広場、川内原発再稼働阻止の闘いの現場からの報告を行った。さらに地元の成田市民がマイクを握り、「農地取り上げをやめよ。住民の生活を破壊する夜間飛行をやめよ」とアピールした。

“命である農地を守る”

司会を伊藤信晴さんに交代し、市東孝雄さんが登壇し、「農地裁判の抜き打ち結審は不当であり、絶対に認められない。沖縄、福島とともに、私の命である農地を守って天神峰で有機農業を続けていく」と決意を語った。
反対同盟顧問弁護団、市東さんの農地を守る会、そして3月1日に発足した茨城の会を代表して動労水戸の木村郁夫書記長、全国農民会議、関西地区生コン支部の西山直洋執行委員らが三里塚と連帯を表明した。
東峰の萩原富夫さんが「農地取り上げに反対する3万人署名を何としても集めきり、東京高裁への提出を一大闘争として闘おう。再び霞ケ関に攻め上ろう。10・11全国総決起集会に大結集しよう!」と行動方針を提起した

成田市内を長蛇のデモ

集会後、直ちにデモ出発。国道51号線から成田山の新参道から「電車道」を進み、「第3滑走路建設」推進の成田商工会議所のビルの前で、怒りのシュプレヒコールをたたきつけた。
今回の集会とデモは、あらためて成田市民に三里塚の熱い思いを訴える集会とデモになった。