集団的自衛権の行使容認は憲法を踏みにじる暴挙 被ばく69周年8・9長崎集会

集団的自衛権の行使容認は憲法を踏みにじる暴挙

 ヒロシマーナガサキーフクシマ怒りを一つに再稼働と改憲、戦争への道を許さない!
被ばく69周年8・9長崎集会

 長崎は、九日、被爆ら六十九年の原爆の日を迎え、長崎市の平和公園で市主催の原爆犠牲者慰霊平和式典が営まれた。
被爆者代表の城臺美彌子さんは安倍首相の目の前で、「集団的自衛権の行使容認は,憲法を踏みにじる暴挙」と痛烈に批判した。この模様は生中継で全国に映し出された。
午後より長崎市内、長崎県勤労福祉会館で「被爆69周年8・9長崎集会」が行われ、城臺さんは次のように訴えた。

“安倍の顔を見たら もう黙っていられない”

 「台風の中、長崎に来ていただいて、ありがとうございます。
平和式典で長崎の被爆者代表として『平和への誓い』を行ってきました。読み上げる原稿は何度も筆を入れられたものでした。
でも代表としてマイクの前に立ったとき、安倍首相たちの顔が見え、もう黙って入れないと、本当に言わなければいけない言葉が出てしまったのです。
戦争が終わって、小学校二年の時に新しい『日本国憲法』の授業がありました。二度と戦争をやらない、もう爆弾が落ちてくることもない。本当にうれしかったです。だからこそ、安倍首相の7月1日の集団的自衛権容認発言は絶対に許せません。
今年も、長崎NAZENとして福島の子供たちの保養を行いました。子供たちの顔が来た時と帰るときの顔が違ってやさしい笑顔になっていたのがとてもうれしかったです。これからも福島とつながり続けたいと思います」。

決死救命・団結・ そして希望へ

 福島から希望の牧場の吉沢正巳さん発言、福島の警戒地域である浪江町の3・11起きた、地震、津波そして12日早朝の福島原発3号機が爆発する瞬間を見て、浪江町25 キロ圏内避難指示があり、逃げた。世の中の終わりとは、こういうことかな?と思った。情報を隠した国・東電をを許さず、殺処分と言われている牛たちを原発事故の生き証人として生かし続け、全国の原発立地を廻り、残りの人生のテーマとして決死救命・団結・そして希望へを胸に実力闘争で闘い続けると語った。

歴史に残る集会に

 その後、保養のビデオ上映と報告、改憲阻止8・17
日比谷集会呼びかけ人の鈴木達夫弁護士、動労水戸から辻川副委員長、動労千葉から中村執行委員、NAZEN福岡からは田宮星さん、国労闘争団の羽広憲さん、学生からの発言があった。
まとめに長崎NAZENの橋里耕悟事務局長が、「今こそ国境を越えた国際連帯を実現し、その力で戦争への道を止め、改憲への道を止め、核兵器も原発も全世界からなくしてゆこう」と訴えた。
歴史に残る力みなぎる集会となりました!