最高裁署名第3回提出行動 2万4953筆を提出

最高裁署名第3回提出行動
2万4953筆を提出

10万筆達成し解雇撤回・JR復帰判決かちとろう!

 6月12日、最高裁への「解雇撤回・JR復帰」署名の第3回提出行動を行った。解雇者当該の中村俊六郎さんや弁護団長の葉山先生を先頭に、各支部組合員、支援の仲間が結集した。
最高裁前で田中委員長は、「分割・民営化以降どれほどひどい現実が労働者に起きたのか。署名に込められた思いは、これに対する腹の底からの怒りだ」「明らかな不当労働行為を容認してきたのは、司法の死そのもの。不採用基準が不当労働行為なら解雇撤回以外に結論はない」とアピール。
中村俊六郎さんは、「27年間闘ってきて不当労働行為を認めさせるところまできた。あとは解雇撤回をかちとるだけ。最後まで闘う」と決意を述べた。
その後、動労千葉顧問弁護団長の葉山弁護士、動労千葉を支援する会の山本事務局長、幕張支部、青年部、千葉機関区支部、佐倉支部の仲間が発言にたった。
最高裁への提出には、葉山弁護士、中村俊六郎さん、田中委員長、山本事務局長がむかった。提出後、シュプレヒコール、団結ガンバローで行動を締めくくった。
今回の提出行動で2万4953筆の署名を提出して、全体で5万6408筆が集まった。運動と支持が広まり、高裁署名を大きく上回る署名が集まっている。
6月末に弁護団が鉄建公団側の主張への反論を提出したあとは、いつ判決がでてもおかしくない状況に入る。何としても10万筆を達成し、「解雇撤回・JR復帰」判決をかちとろう!

6月12日現在 5万6408筆