4・25尼崎現地闘争に全国から480名が結集

分割・民営化が「尼崎事故」の原因だ!
1047名闘争の「政治解決」を許すな!
4・25尼崎現地闘争に全国から480名が結集!

1047名闘争の新たな大運動を全国に巻き起こそう!

 乗員・乗客107名の尊い生命が奪われた「尼崎事故」から5年目を迎えた4月25日、13時から、尼崎駅北口広場において、「尼崎事故5周年弾劾!反合・運転保安確立!1047名解雇撤回!4・25尼崎現地闘争」が、1047名の当該である闘争団・争議団の仲間を先頭に全国から労働者・市民・学生など480名が結集し、1047名闘争解体を目的とした「政治解決」を徹底的に弾劾し、業務外注化粉砕闘争と結合して新たな全国運動に全力で起ち上がることを確認した。

1047名解雇撤回闘争は、戦後日本階級闘争の中心軸

 集会は、「JR西日本は、いまだに『犠牲者106名』と言って高見運転士を犯罪者としている。分割・民営化こそ最大の原因だ」との怒りの開会あいさつから始まり、冒頭、呼びかけ人を代表して長田書記長から、中野前委員長の遺志を引き継いで闘いぬく決意を明らかにした後、1047名闘争に関する「政治解決」について、解雇撤回の原則を貫く動労千葉を排除した上で、屈服した者だけにいくばくかの金銭を出し、分割・民営化の正当性を認めさせようとするなど怒りなしにはいられない内容であること、分割・民営化に決着をつけさせるどころか、非正規職化攻撃をはじめとした資本の攻撃に抗する結集軸として戦後の日本階級闘争の中心として1047名闘争が闘いぬかれてきたにもかかわらず、このような形で終結すること自体あってはならないこと、こうした中で動労千葉は、国鉄闘争の火を絶対に消させないために新たな大運動を全国に訴えることを明らかにし、参加者からもこれに応える大きな拍手がわき上がった。
 集会実行委員会からの基調提起が行われた後、1047名の当該である国労闘争団、動労千葉争議団からの決意表明が行われた。国労闘争団仲間たちからは、「『尼崎事故』は分割・民営化が原因だ。そして、青年労働者を食えないようにしたのも分割・民営化だ。1047名闘争は全労働者の闘いを意味している。国労本部はわれわれを『悪党』呼ばわりするが、『悪党』で結構だ。『解決案』をキッパリと拒否する」との熱烈たる闘う決意が次々に表明された。

権力による事故現場での献花を妨害を弾劾する!

 動労千葉争議団の中村仁君からは、動労千葉として全国運動の先頭で闘う決意表明が行われた。(別掲)
 5・27国労臨大闘争弾圧被告と弁護団からの報告が行われ後、福島、新潟、千葉、東京、鳥取など闘う国労の現場組合員が次々に「解決案」を弾劾し、国労本部の屈服を乗り越えて闘う決意が明らかにした。
 動労西日本からは、3月末で雇い止め=解雇攻撃を受けている岡山駅の山田副委員長から「解雇されても闘いの火は消えない。平成採を獲得し、JR体制打倒まで闘う」との決意が明らかにされた。
 動労水戸からは、検修業務外注化に向けて組織拡大を実現するとの決意が語られ、 最後に職場で奮闘する青年労働者、法政大学での弾圧を打ち破って闘う学生からの決意表明を受け、団結ガンバロー三唱で集会を終了した。
 そして、「尼崎事故」の現場まで「事故弾劾!」「解雇撤回!」のデモコールとシュプレヒコールを響かせてデモ行進が行われた。事故現場において動労千葉をはじめとしたデモ参加者が献花しようとしたところ、権力が献花への参加を妨害するという不当な弾圧が行われた。これ自体闘う者には献花もさせないという、まさに「政治和解」情勢を示すものだ。
 1047名解雇撤回!検修業務全面外注化粉砕!反合・運転保安確立!新たな全国運動の先頭で闘いぬこう!

不当解雇を社会に問う絶好のチャンス!
動労千葉争議団・中村 仁

 「解決案」は動労千葉を排除して進められた。しかしこれは、動労千葉として闘いやすくなった。この時期に動労千葉が断固登場し、1047名の不当解雇問題を社会に問う絶好の機会が到来した。
 動労千葉は、新たな1047名闘争を全国に呼びかける。1047名闘争の全国の支援してくれる仲間が一体になることが一番重要だ。われわれの闘いが日の目を見る時が来た。新たな闘いを全国に広げよう!