2018年 闘春

あけましておめでとうございます。
動労千葉は昨年、第3の分割・民営化攻撃と真正面から対決し、1年間闘い抜いてきました。

(一)
 昨年3月ダイ改から始まった「系統分離」「戦略的ダウンサイジング」の攻撃は第3の分割・民営化攻撃の始まりとして内房線における木更津・君津系統分離としてかけられた。この攻撃に対して「内房線と地域を守る会」と共にダイ改阻止の闘いとして闘いぬいた。集められた署名5467筆は、JR東日本と国土交通省に提出された。
 CTSにおける「無期雇用転換」の闘いでは、上半期分全員の無期転換をかちとった。就業規則改悪阻止から始まったこの闘いは、自動車関連企業をはじめ国立大学において法律を逆手にとった5年での雇い止め、選別再雇用等の攻撃が吹き荒れるなかでかちとられた。この成果は大きなものだ。しかし、無期雇用になったとはいえ、その労働条件・賃金は全く変わらず、最低賃金すれすれに置かれている。正社員と同等の労働条件獲得へ全力でたたかおう。
 昨年10月10日に出された強制出向無効確認訴訟の不当判決を徹底的に弾劾しなければならない。3回の証人調べによるわれわれの主張は会社側を圧倒し、会社主張が矛盾だらけであることを明らかにしてきた。JR東日本はこの裁判を最重要問題としてきた。この裁判を決着しなければ外注化はこれ以上進まないからだ。だから、裁判所は絶対に許すことの出来ない不当判決を出してきたのだ。外注化粉砕へさらに闘い抜こう。
 11月労働者集会は、改憲阻止の1万人大行進として闘われた。11月5日の集会とデモ行進はトランプ訪日と日米首脳会談を直撃する闘いとして打ち抜かれた。改憲阻止へ1万人の結集をつくりだそう。

(二)
 朝鮮半島での戦争の危機が切迫している。米海軍と海上自衛隊の共同訓練が行われ、米韓合同軍事演習では合計230機の航空機が参加し朝鮮半島への攻撃訓練が行われた。北朝鮮は、水爆実験の発表や大陸間弾道ミサイルの発射実験を繰り返している。安倍政権はトランプとともに圧力を加え、戦争の危機を煽っている。
 そして昨年9月、安倍は「国難突破」「2020年新憲法施行」を掲げてクーデター的に国会解散を強行した。野党の分裂のなかで与党は国会の3分の2の議席を獲得した。この選挙選の過程で連合が分裂と崩壊を開始した。安倍による連合の丸ごとの改憲勢力化は頓挫した。また安倍政権は、2019年4月30日の現天皇退位、5月1日の新天皇の即位を発表した。安倍政権は天皇を全面に押し出して一気に改憲へ突き進もうとしている。改憲阻止、安倍政権打倒へ立ち上がろう。
 JR東日本では、この3月ダイ改が全面的な「選択と集中」攻撃としてかけられている。千葉支社では、外房線の茂原・一宮以南の切り捨てが始まった。その一方では常磐線の全線開通の攻撃が帰還強制の攻撃と一体となって進められようとしている。JRは安倍政権の働き方改革や地方切り捨ての先兵となっている。3月ダイ改阻止へ全力で闘おう。

(三)
 2018年の闘いの第1の課題は、3月ダイ改阻止・運転保安確立とエルダー再雇用をめぐる闘いに立ち上がることだ。3月ダイ改における外房線のダイヤの切り方は全く異常だ。鉄道を利用させないように、過疎化を推進するものでしかあり得ない。内房線の闘いと一体となって、外房地域における闘う体制をつくりだそう。
 2月4日の館山における「内房線と地域を守る会1周年集会」の成功をかちとろう。外房地域での新たな闘いをつくりだそう。
JR東日本は、「エルダー新提案」に関して修正提案を行い、東労組はこれに直ちに妥結した。本体雇用をちらつかせて分社化・転籍の先兵にエルダー社員を使おうというのだ。「水平分業を前提として…」の文言が削除されているが、この攻撃が分社化・転籍攻撃であることは変わっていない。われわれは昨年のCTSとの交渉のなかで、木更津・成田事業所にはエルダーを配置できる条件があることを確認した。外周地区でのエルダーの働く場の確保に向けて全力で闘い抜こう。
 貨物においては、生涯賃金を変えずに65歳まで定年延長するという人事賃金制度が考えられているという。貨物におけるベアゼロ回答打破へ全体で闘い抜こう。
 第2の課題は、CTSにおける無期転換問題を最大の焦点としたCTS組織春闘に総決起することだ。17年度の上半期は、全員の無期転換をかちとった。下半期もCTSは上半期と同様の扱いになるとしている。さらに無期転換だけでなく、非正規職撤廃、最低賃金状況を打ち破る闘いを作り出そう。CTSでの組織拡大をなんとしてもかちとろう。
 第3の課題は、1047名解雇撤回闘争の発展をかちとることだ。九州、秋田、北海道争議団によって「総連合1047名協議会」が結成された。そしてわれわれの団交開催と署名受け取りを拒否するJR東日本に対し、団交開催・解雇撤回を求めて新たな労働委員会闘争にたちあがる。2月11日の国鉄集会の成功をかちとろう。
 最後に最大の課題として、JRとCTSにおける組織拡大をなんとしてもかちとろう。エルダーとCTSで働く労働者が一体で闘おう。
 18春闘勝利、3月ダイ改阻止へ全組合員の総決起をかちとろう。改憲阻止、安倍政権打倒へ立ち上がろう。