2008年11・2全国労働者総決起集会速報-① 全国から5700名が結集! 新たな時代を切り開く労働者の力!

 

11月2日、東京・日比谷野外音楽堂において3労組(全日建連帯関生支部、全国金属機械港合同、動労千葉)によってよびかけられた全国労働者総決起集会が開催され、全国から5700名が結集した。
集会には、韓国・民主労総ソウル本部42名の大訪日団をはじめ、ILWU、ロサンゼルス統一教組の仲間、そして全国から労働者の力で社会を変えようと闘 う仲間が集まった。集会の中で動労千葉争議団が国労闘争団とともに特別報告にたち、代表して、中村仁君があくまで解雇撤回を貫く決意を表明した。
集会後の銀座デモと「『生きさせろ』のゼネストを!」の訴えは、沿道から圧倒的な注目と共感を集めた。


ILWUローカル10、34、ロサンゼルス統一教組ら米代表団

民主労総律動グループ「波乱」(パラン)

ズラリと並んだ民主労総ソウル地域本部

特別報告であいさつする動労千葉争議団ら

全体を牽引した3労組

デモの先頭にたつ米韓代表団