2006年11・5日比谷に4900人が結集


11・5労働者集会報告-①

戦争と改憲―労組破壊の安倍政権打倒!

11・5労働者集会の前夜、韓米代表団の歓迎会を開催
韓国、キム・チャンソプ氏。米、クラレンス・トーマス氏。田中委員長
全員でインターナショナル

11月5日、日比谷野音において全国労働者総決起集会が開催された。韓国から、アメリカからそして日本の闘う仲間4900名が結集して国境を越えて戦争と民営化、朝鮮侵略戦争と闘うことを確認した。
集会は、連帯のあいさつ、韓国からは民主労総ソウル本部の代表が、アメリカからはAMFA(航空整備士労組)とILWU(国際港湾倉庫労組)の代表が闘 いの報告を行った。日本からは、1047名の解雇撤回に向けての報告と、「日の丸・君が代」不起立闘争の被処分者が処分撤回への決意表明を行った。
そして、「闘う労働組合の全国ネットワークを創りあげよう。憲法―教育基本法の改悪を阻止しよう。労働者の団結で安倍政権を打倒しよう。格差拡大社会を ぶっとばそう。国境を越えた労働者の国際的団結を発展させよう」の11・5アピールを全員で確認した。(裏面に全文を掲載しています)集会後は、全参加者 が常盤橋公園までのデモを貫徹した。

発言の詳細は、次号からの日刊で紹介します。