17年度退職予定者全員集会を開催  JR千葉支社に申34号で緊急申し入れ

大量退職を利用した全面外注化と組織破壊を許すな!
定年延長と65歳まで働ける
労働条件確立へ闘いぬこう!

動労千葉は、今年度から本格的に始まる大量退職に対して、3月29日~31日の3日間、「2017年度退職予定者全員集会」を開催 し、JR東日本が大量退職を利用して全ての業務を外注化し、その過程で労働組合に対する組織破壊を行おうとしていること、さらに、エルダー制度の問題点や 組合員が会社側に希望する職種、地域を提出する際の意思統一を行った。
集会の中では、16年度の組合員に対する就労先提示で千葉支社は「外周地域はない」旨を回答するなど、エルダー制度が完全に破綻していることが明らかに なった。しかも会社が提示する資料では、「希望地区」の中に「外房」「銚子」「館山」などの外周地域が記載されていないことが明らかとなり、「これでどう やって希望をだせというのか」「提示できないなら定年延長しかないはずだ」という怒りの声が噴き出した。また、会社が行う面談時には、希望する就労先の労 働条件や勤務時間等細かなことが分からなければ希望するに希望できないとの声もあがった。
また、4月生まれの者が退職する際、夏季手当が支払われない問題については、今後、法的手続きを行うことで意思統一をはかった。
動労千葉は、集会の中で出された意見や問題点を集約し、上記の通りJR千葉支社に対して緊急申し入れを行った。JRは、本人希望に基づき就労先を決定しろ!定年延長と65歳まで働ける労働条件確立へ闘いぬこう!

17年度退職予定者全員集会に基づく緊急申し入れ(申34号)

1.エルダー制度に関して、次の点を明らかにすること。
(1)自己申告書には希望する「勤務地区」を記入することになっているが、地区の中に「外房」「銚子」「館山」の各地区が入っていないが、なぜ入っていないのか。

(2)本線運転士が就労できる「業種」の具体的な内容について。

(3)エルダー希望者に対する面談においては、各「業種」における労働条件を明らかにするとともに、希望者からの質問に対しては明確に回答するなど丁寧に対応すること。

2.2016年度のエルダー希望者に関する団体交渉では会社側が「外周区には就労先がない」旨を回答するなどエルダー制度の破綻が明らかになったことから、就業規則に「会社(JR)において勤務させることがある」と明記されていることに踏まえ、JRで勤務させること。

3.2016年度のエルダー希望者に関しては、本人の希望と異なる業種、勤務地区が提示されたことから、就業規則に「業務上の必要 がある場合、転勤を命ずる」と明記されていることに踏まえ、本人が希望する業種、勤務地区への異動を行うこと。

-以   上-

CTS春闘勝利!「雇用形態の変更」-就業規則改悪阻止!
CTS本社抗議行動

日 時 4月20日(水)18時~
場 所 CTS本社前

※生きていけるだけの賃金を支払え!
※5年で使い捨てなど絶対許さない!
※各支部から全力で集まろう!