ローカル線切り捨て反対!3・10銚子地区集会へ

銚子運転区・成田車掌区廃止反対! ローカル線切り捨て反対!
3・10銚子地区集会へ

人事権を楯に組織破壊攻撃をするJRを許すな!

 銚子支部は昨年6月、「銚子運転区廃止絶対反対! 運輸区の大編成による基地縮小攻撃阻止!」「ローカル線切り捨て攻撃を動労千葉の総力を挙げて阻止するぞ!」と、銚子駅前抗議行動を展開しました。第2弾の行動を3月10日、銚子駅前にて開催する事を決定しました。多くの結集でJR千葉支社に対し抗議の声をあげよう!
 今年のダイヤ改正は3月17日ですが運輸区の完成は5月19日と2ヶ月も遅れています。2月17日、銚子運輸区・佐倉運輸区についての要員や行路が提案されました。銚子は運転士(指導2名含む)40名、車掌(指導2名含む)が43名、佐倉運輸区が運転士(指導4名・波動2名含む)73名、車掌(指導3名含む)が122名との提案がありました。
 銚子支部の運転士19名が全て銚子に希望を出している事、また線見行路に対して当初から組合は、初めて乗る線区にいきなり臨時行路を担当させ運転させる事はコンプライアンスに違反すると警鐘を鳴らし、改善を要求してきました。しかし会社は、他労組が反対しない事をいいことに10月16日以降現在に至るまで線見を強行しています。
 銚子支部は、組合から会社に対して以上の法令順守等の改善が無い場合は指名ストに決起すると通告し、11月から指名ストに入りました。2月現在に至っても指名ストは継続となっています。
 この間の団交で会社は、銚子に残る条件は60歳退職をあと1~2年で迎える運転士(1名)と昨年運転士発令になった第11回生(8名)と明言しています。しかし、蘇我運輸区設置の時には、動労千葉の組合員が京葉派出から蘇我に希望を出しても、支社・人事課は55歳以上だから異動は認めないと、本人希望でも異動させなかった経緯があるにもかかわらず(06年)、今回は57歳でも異動の対象になると言っています。団交でこの件について追求されると「異動に関しての年令制限は無い」と居直っています。
 銚子支部は総武本線・成田線の沿線の首長や官公労をはじめ各種労組等にローカル線切り捨て反対の声をJRに抗議して欲しいと要請行動を展開中です。闘う労働者・学生の銚子地区集会の参加を訴えます。
         (銚子支部発信)


銚子運転区・成田車掌区廃止反対! ローカル線切り捨て反対! 
3・10総武本線・成田線沿線・銚子地区集会
■3月10日(土)
■13時  銚子駅前集合
■14時半 銚子コミュニティセンター(市役所脇)