10/12三里塚 「団結すれば勝てるという展望が求められている。反対同盟はそのことを50年にわたりしめしてきた」

市東さんの農地を守ろう! 第3滑走路計画粉砕!
10/12三里塚集会に710名が結集

国鉄1047名解雇撤回・JR外注化阻止! 改憲と戦争の安倍打倒!
11・2全国労働者総決起集会の大結集を

 10月12日、三里塚芝山連合空港反対同盟が主催する全国総決起集会が、全国から910人の結集で勝ちとられ、農地死守・第3滑走路計画粉砕・安倍政権打倒に向けた新たな闘いの突入することを宣言した。
最初に主催者あいさつとして北原鉱治事務局長が立ち、「10月8日の農地裁判で市東さん側の求釈明、意見陳述に対して、NAA・県側は一言も発することができなかった。だが裁判闘争だけでは勝てない。市東さんは日本農民の未来を担っている。今日一日の集会・デモを闘いぬこう」と力強く訴えた。
続いて、反対同盟事務局の萩原富夫さんが立った。「おやじ(進さん)の遺志を継いで、原点に返って闘う。三里塚は実力闘争を貫く」と宣言した。そして来春3月4日の次回農地裁判控訴審弁論と3・29三里塚全国集会に向けて奮闘することを明らかにした。
特別報告として、動労千葉から田中委員長が登壇し、10・1外注化阻止のストライキ報告を行い、「団結すれば勝てるという展望が求められている。反対同盟はそのことを50年にわたりしめしてきた」と三里塚闘争の意義を語り、戦争と民営化攻撃を打ち砕く闘いとして11・2全国労働者総決起集会への大結集を訴えた。
市東孝雄さんは、「裁判は勝利的に進んでいる。私が親父の跡を継いで“闘魂ますます盛んなり”と壇上で述べてから、15年経った。全国の支援の力があってこそやってこれたと思う。天神峰に住みつづけ、これからも生きていく」と決意を語った。
福島からは、3・11反原発福島行動呼びかけ人の椎名千恵子さん、福島診療所建設委員会の渡辺馨さんが発言した。全国農民会議共同代表の小川浩さんは「米価の大暴落、安倍農政によって日本農民は闘わなければ生きられない」と訴えた。
最後に「集会宣言」が読み上げられ、天神峰ー取香地区を貫くデモ行進が行われた。
三里塚闘争は48年の闘いを経て、新たな空港強化・拡大、第3滑走路増設計画との激突という重大な情勢を迎えている。市東さんの闘いは、成田軍事使用をはばみ、この空港拡大計画との最先端の闘いだ。そして安倍政権の戦争政治と真っ向から対決する闘いだ。
次は11・2だ!全力で決起しよう!

■11・2全国労働者総決起集会
 11月2日(日) 正午 日比谷野音

■11/1日韓労働者理念交流
11月1日(土)午前10時 DC会館
■11・3労働者国際連帯集会
11月3日(月) 午後1時 千葉商工会議所第1ホール