山田支部長-役員の配転が100%不当労働行為であることを証言

幕張・ライフサイクル配転差別事件第3回審問(7・1)
山田支部長-役員の配転が100%不当労働行為であることを証言

検修業務外注化に反対する動労千葉を敵視した不当労働行為を絶対に許さない!

 7月1日、13時から、千葉県労働委員会において、「幕張・ライフサイクル配転差別事件」の第3回審問が行われ、幕張支部・山田支部長が証人として出廷し、08年秋頃から露骨に始まった交番検査からの動労千葉排除及び山田支部長に対する派出への配転策動、そして支部三役をはじめとした本件配転が、業務の外注化に反対する動労千葉を敵視したJR東日本の明確な不当労働行為=幕張支部破壊であることを証言した。

交検からのベテラン排除により、今でも時間内に終了せず

 組合側の主尋問では、まず、幕張車両センターにおける検修業務について証言が行われた。とくに、交番検査は、車両の構造や基礎的な知識・技術を習得する上で新人等が最初に配置される箇所であること、新人等の人数が多い場合には一気に全ての新人を入れるのではなく、ベテランと新人のバランスを見ながら新人を配置し、交検に入りきらない新人については臨検等での業務を行うこと、交番検査については各パートを一巡するまで少なくとも1年半以上かかり、一人前になるには数年かかることを明らかにした。
 そして、本件配転を行った当時の鬼海所長が、交番検査から動労千葉のベテランを排除したことは、国鉄、そしてJRになってから行われてきた交検におけるベテランと新人のバランスを取った体制を一気に崩したこと、交検の要員を全て平成採にしたことにより交番検査での車両の修繕がまともにできなくなったこと、そしてその弊害が現在も続いているために1ヶ月の内半数近くの交番検査が時間内に終了しないという事態になっていることを明らかにした。
 また、交検からの動労千葉排除が行われる一方で、技術管理や臨検からも動労千葉排除が行われた事実についても証言し、こうした動労千葉排除の背景には、幕張支部において平成採労働者が動労千葉に結集していること、これ以上平成採との接触をさせない、組織拡大をさせないことを目的に動労千葉排除が行われたことを明らかにした。

「退職間際は異動しない」との会社基準も自ら否定?

 次に、山田支部長に対する派出検査への配転策動について証言し、これまで幕張車両センターでは派出への異動では何ら問題が発生したことなどなかったことを証言し、当時の鬼海所長が一方的に山田支部長の派出への異動を目的に見習を指定したこと、しかし、支部長を異動することは千葉支社ですら不当労働行為になりかねないと判断し、派出の予備にすることで一旦は配転を諦めざるを得なかったことを等を証言した。
 しかし、山田支部長の配転ができなくなった途端に、今度や吉野副支部長、高田書記長、小沢副支部長、執行委員の内田君、鈴木君を相次いで派出検査に強制配転したことについて、数ヶ月の内に支部役員12名中5名が配転されるような事態は見たことも聞いたこともない事態であったこと、これが不当労働行為でないとするならば、会社の好き勝手できてしまうことなどを労働委員会に強く訴えた。
 また、会社が異動の根拠として主張している項目の中に「退職間際の者は異動しない」という文言があることについて触れ、吉野副支部長は当時57歳で、管理者からも「異動はない」と明確に伝えられていたいことを明らかにし、会社の基準からいっても不当な配転であることを訴えた。

運転士復帰を認めた高裁判決すら無視して派出に配転

 さらに山田支部長は、小沢副支部長と執行委員の内田君については、「運転士登用差別事件」の当該であり、09年9月末の東京高裁判決で運転士への復帰が命じられているにもかかわらず、派出への配転を行うこと自体、2重3重の不当労働行為であり、絶対に許せないと怒りも新たに証言を行った。
 そして最後に、本件配転により幕張支部として大きな損害を被ったこと訴えた上で、外注化に反対する動労千葉に対するこうした不当労働行為を行う会社を絶対に許すことはできないことを労働委員会に訴え、証言を終了した。
 次回は、9月2日、13時から、本件配転の当事者4名が証言を行う予定である。傍聴に結集しよう!

当面するスケジュール 
◎第21回動労千葉家族会総会
と き 7月30日(土)13時~
ところ DC会館 会議室
※会員1名及び各支部代表の参加を!

◎11年動労千葉を支援する会総会
と き 7月24日(日)10時から
ところ 労働者福祉センター

◎08年不当家宅捜索国賠訴訟
と き 7月11日(月)13時10分~
ところ 東京地裁 530号法廷