JR東日本-年末手当で3.02ヶ月の低額回答

JR東日本-年末手当で回答(11/25)
昨年末手当を下回る低額回答を弾劾する!

昨年末より0・04ヶ月減の3・02ヶ月の低額回答!

 JR東日本は、11月25日、10年年末手当について、次のとおり回答を行ってきた。
1 基準額
  基準額は、基準内賃金の3・02ヶ月とする。
2 支払日
  2010年12月9日(木)以降、準備でき次第とする。
 動労総連合は、今回の年末手当の要求にあたっては、①08年以来の大恐慌の中で、労働者の生活が大幅に圧迫されていること。②こうした中でJR東日本が08年の年末手当以来、期末手当を減額し続けていること、10春闘での新賃金回答においても「ベアゼロ」を強行したことで年間賃金が事実上の減額になっていること、③こうした中で期末手当については、毎月の賃金と同様に生活費となっており、労働者の生活を維持するためにも、組合要求である3・7ヶ月の支払いを掲げて団体交渉を展開してきた。

JR東日本の回答

11月25日 

1.基準額
  基準内賃金の3・02ヶ月分

2.支払日
  12月9日(木)以降、準備でき次第

賃下げと全面外注化攻撃に反撃しよう!

 一方、JR東日本は、「運輸収入が前年をさらに下回る3期連続の減収になった」「運輸収入は20年前とほぼ同様の低い水準」「雇用情勢も過去最低水準で、先行き不透明」などとして、昨年末より0・04ヶ月下回る低額回答を行ってきた。これにより、
 08年末 0・05ヶ月
 09年夏 0・03ヶ月
 09年末 0・16ヶ月
 10年夏 0・15カ月
と減額が続き、この3年間で0・43ヶ月=約半月分が減額になったのだ。(平均賃金で考えると、約14万円の減額だ!)
 しかしその一方では、要員削減により11億円もの人件費コストを削減している。さらに、「コストダウンの着実な実施」等を掲げて検修・構内業務の全面外注化まで行おうとしているのだ。全ての責任を労働者に押しつけ、手当=賃金の削減を強行するJR東日本を許すな!
 組織拡大で反撃しよう!

当面する行動について

◎12月ダイ改・ローカル線切り捨て反対!検修・構内業務外注化阻止!
 11・29動労千葉総決起集会
 日 時 11月29日 (月) 18時から
 場 所 千葉市・DC会館
 ※勤務者以外、全力で結集しよう!

◎第25回動労総連合全国大会
 日 時 12月12日(日)~13日(月)
 場 所 千葉・パークサイドホテル
 ※各支部から、傍聴に結集しよう!

◎幕張・ライフサイクル配転差別事件 第2回調査
 日 時 12月7日(火)13時30分~
 場 所 千葉県労働委員会
 ※各支部から、傍聴に結集しよう!

◎08年家宅捜索国賠公判
 日 時 11月29日(月)13時30分~
 場 所 東京地裁 615号法廷
 ※権力の弾圧粉砕! 各支部から傍聴へ!