「復帰は約束できない」―出向・外注化は片道キップだ!

今なら止められる 外注化阻止へたちあがろう!

3年で帰れる?

組合 支社またがりの異動は発生するのか。また復帰は元職場か。
会社 支社またがりの異動は、無いとは言えない。復帰は約束できない
組合 本人の希望を尊重するか。
会社 尊重するとは言えないが、本人希望を聞き、会社が判断する。
組合 多くの場合は元職場に復帰できるのか。
会社 そこに職場があれば戻るのが普通だ。しかし約束しろとなると、数年後のことなので約束できない。

 これは、東労組の本社外注化交渉(第7回交渉)の議事録だ。東労組は「3年で戻れる」とさかんに宣伝しているが、これが交渉の実態だ。
しかも、黙っていたら外注化はこれからもどんどん進む。来年には構内計画業務が外注化され、その後には機動班業務が外注化される。ここまでは、今の時点で会社がはっきりと言っていることだ。機動班がやられる時には倉庫・資材業務も一緒に外注化されるだろう。機動班の外注化は遅くとも3年以内にやると言われている。出向から戻ると言ったって戻る職場はJRにどれだけ残っているのか? 会社が団交で正直に言っているとおり、「そこに職場があれば戻るのが普通だ。しかし約束しろとなると、数年後のことなので約束できない」というのが実際に起きることだ。

機能保全も技管も外注化?
残るのは新系列の機能保全と技管だが、これも会社は団交で次のように言っている。

組合 今回の提案にある残すもの(新系列の機能保全や技管)については、将来的にも維持されるのか。
会社 どこに残すかはこれまでも議論してきたが、グループ会社の中に内在するという考えだ。インソーシングし、外に出すのではなくグループ一体で技術力を中に持つという趣旨だ。

これも東労組の団交記録からの抜粋だ。会社はグループ会社への外注化を「インソーシング」と言っているが、結局、機能保全や技管も最終的には外注化すると公言している。おそらく5年後ぐらいには外注化することを考えていると思われる。

なぜ隠すのか

JR側に検修・構内業務は全く残さない考えだ。これを見れば明らかなように、帰って来れるとか来れないとかいうのは、全く意味をもたない誤魔化しに過ぎない。最終的には否応なく転籍まで行き着く。これは脅かしで言っているわけではない。今のようなことを進めていったら、現実にそうなる以外の選択肢は無くなるのだ。
東労組はなぜ、会社が言っていることを正確に組合員に伝えないのか? なぜ事実を隠し、ウソをついて外注化を進めようとするのか?
今なら止められる。後になって後悔しても始まらない。外注化阻止に向けて共に闘おう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.