OB会総会に集まろう、動労西で組織拡大大阪で青年労働者加入

OB会総会に集まろう!
高齢者切り捨て攻撃に反撃しよう!

OB会を拠点にして社会に積極的に関わり、発言する高齢者として前進しよう!
 動労千葉OB会は、5月27日に第25回定期総会を開催する。各支部から結集し、OB会活動を支え、ともに闘いぬこう。

職場での闘いを基本にして組織拡大を!
 国鉄分割・民営化から25年が経過し、JRの攻撃はますます悪質化している。検修業務外注化攻撃は、動労千葉の闘いによって今年4月1日の実施も阻止した。
しかしJR東日本は、偽装請負などの法律違反を誤魔化して強行しようとしている。
また、「佐倉運輸区」新設による銚子と千葉転両支部に対する支部長や本部役員を強制配転などの組織破壊攻撃をかけてきており、「佐倉運輸区」に強力な闘う支部を作ることではね返さなければならない。
一方、国労本部は、1047名を切り捨て、JR東労組とゴマすり競争をし、連合への道を下り落ちている。
職場での闘いを基本に据えて組織拡大へ全力で闘いぬかなければならない。

OB会活動をさらに強化・発展させよう!
こうした情勢の中で、OB会が積極的に活動していることは、動労千葉にとっても大きな力になっている。
大震災を契機にして労働者への非正規化と、大阪の橋下を尖兵とする公務員360万人首切り攻撃が強まる中で、高齢者に対する切捨て攻撃も強まろうとしている。
社会に積極的に関わり、発言する高齢者として、動労千葉OB会を拠点にして確実に前進して行くために、第25回定期総会を成功させよう。
全支部から総会に参加し、OB会活動の発展をかちとろう。

動労千葉0B会総会について    日  時  5月27日(日)15時から
場  所  千葉市・DC会館 2階大会議室
議  題  (1)第24回総会以降の経過と総括について
(2)2012年度活動方針について
動  員  各支部から、代表1名の参加をお願いします。
※OB会総会終了後、懇親会を開催する予定です。

動労西日本で組織拡大
大阪で青年労働者が加入
闘う労働運動の再生に向けて、組織拡大闘争に総決起しよう!

全ての組合員のみなさん!
動労西日本は、大阪において、青年労働者1名の組織拡大をかちとりました。動労西日本に続き、千葉の地においても、本格的な組織拡大闘争に打って出よう!
05年の尼崎事故から7年経つ今もJR西日本は、犠牲になった107名の内、「106名」だけを犠牲者として扱うなど、事故の責任を全て放棄している。 逆に、責任を職場で苦闘する労働者に押しつけ、合理化=要員削減と労働者の非正規化にひた走っているのだ。
こうした中で動労西日本は、山田副委員長に対する雇い止め=解雇攻撃に対して、解雇撤回ー非正規職撤廃を掲げて職場・地域で訴えて闘いぬいてきた。そし て、この訴えが青年労働者の心を捉え、ついに、JR西日本の本拠地である大阪において組織拡大を実現し、闘う拠点を作り上げたのだ。
動労西日本は、4月21日に第5回臨時大会を開催し、新入組合員の執行委員への選出等を含めてさらなる組織拡大闘争に起ち上がる闘う方針を確立した。
職場には、怒りや不安を抱えながらも、JR総連や管理者の手前、反対の声を上げることができない青年労働者が多数いる。動労西日本の組織拡大は、青年労 働者に本気で訴えれば、必ず通じ合い、怒りを共有することができることを示している。外注化阻止!出向絶対反対!反合・運転保安確立を掲げ、青年労働者に 「動労千葉に結集しよう」と大胆に訴えよう!
【写真】大阪市内で開催された第5回動労西日本臨時大会で、加入のあいさつをする青年。動労千葉、動労水戸、国労の闘う仲間たちも駆けつけて、本格的な組織拡大へ打って出る方針を確立した。(動労西日本のホームページより転載)

2012年5月14日