JR貨物夏季手当 「1.61ヶ月」の超低額回答を弾劾する

JR貨物夏季手当 「1.61ヶ月」の超低額回答を弾劾する

貨物会社回答

1、基準額は、基準内賃金の1・58箇月分とする。
なお、基準内賃金の0・03箇月を併せて支給する。
2、支給日は、7月6日(金)。
3、55歳に到達した社員の取り扱いは、従前どおり。

 貨物会社は6月14日、今年の夏季手当について、「1・61箇月」という超低額回答を強行した。貨物会社の超低額回答を怒りを込めて弾劾する。
回答内容は、下記の解答書の通りだが、この中の「1・58箇月」とは、一昨年(2010年)夏の実績と同じだ。その上で「0・03ヶ月」を別枠として支 払うというのだ。こんなやり方を認めたら、期末手当の抑制はずっと続き、あとは会社のさじ加減次第ということになる。
貨物会社は、13年連続ベアゼロを強行するとともに、期末手当については超低額回答を続けている。分割・民営化の矛盾の集中する貨物会社の危機をただひ たすら労働者への犠牲を転嫁することで乗り切ろうとしている。こんなやり方を絶対に認めることはできない。日貨労の制動を打ち破り、職場から怒りの決起を かちとろう!

職場の怒りの声

・「ローンを抱えていて、これではそれを支払ったら終わってしまう」
・「『早く出ないかな』というようなワクワク感がない」
・「学費やローンを支払えばマイナスで、他の金策に走らなければならない」
・「やる気が起きない。士気が低下する」
・「会社じゃなくて、自分たち自身が自転車操業の状態だ」