JR東日本ベアゼロ回答弾劾!

13春闘勝利!外注化ー強制出向粉砕!久留里線ワンマン運転導入絶対反対!ライフサイクル撤廃!組織拡大!
3・14~17ストを闘いぬこう!

 3月14日、JR東日本は、4月1日以降の新賃金と、13年度夏季手当の回答を行ってきた。回答の内容は、新賃金については、ベア実施を拒否し、定期昇給のみを行うというものだ。また、夏季手当については、2・85ヶ月の回答だ。
動労総連合は、「38000円の賃上げ」と、「3・5ヶ月の夏季手当」を要求して交渉を行ってきたが、JR東日本の回答は、組合要求を拒否するものだ。
しかもベアを拒否する理由としてJR東日本は、「少子高齢化」「国内産業の空洞化」「将来展望が厳しい」等々を上げている。しかし、この間、東京駅周辺には高層ビルを建て、駅のショッピングモール化を次々に行うなど莫大な設備投資を行い、今度は「経営構想Ⅴ」で鉄道の海外輸出にまで手を出そうとしている。その資金は、外注化や合理化によって労働者から搾取したものだ。絶対に許せない!
あらためてわれわれは要求する。組合要求に基づき賃上げを実施しろ!
13春闘勝利!業務外注化ー強制出向粉砕!久留里線ワンマン運転導入絶対反対!ライフサイクル粉砕!組織拡大に向けて、3・14~17ストライキを貫徹しよう!

JR東日本の回答(3・14)

1.新賃金
(1)4月1日現在、満55歳未満の社員に対して定期昇給を実施する。
(2)昇給係数は4とする。
(3)精算は、6月25日以降、準備でき次第。

2.夏季手当
(1)基準額
基準額は、基準内賃金の2・85ヶ月分とする。
(2)支払日
6月28日以降、準備でき次第とする。

3.その他
(1)グリーンスタッフ精勤手当について
2013年度中に雇用契約期間が満了するグリーンスッフについて、標準支払額に2万円を加算する。
(2)エルダー社員精勤手当について
2013年12月1日に在籍するエルダー社員の精勤手当(2013年度年末支払分)の支払額に2万円を加算する。
ただし、当該支払分の調査期間を有する者に限る。
*調査期間を有する者=6月1日~11月30日に在籍する者