JR出向中のCTSプロパー労働者を、3ヶ月で入れ換え?たった3ヶ月で全ての車両を覚えられるはずがない!

たった3ヶ月で全ての車両を覚えられるはずがない!

JR出向中のCTSプロパー労働者を、3ヶ月で入れ換え?

千葉鉄道サービスは、仕業・構内業務の外注化以降、昨年4月にはプロパー労働者19名を採用し、10月からはJRに逆出向させている。JR千葉支社では、幕張車両センターに3名、京葉車両センターに3名が配置され、今年3月末までの6ヶ月間、機能保全検査の技術研修を行わせている。(他の13名は東京、八王子、横浜、大宮の各支社の車両センターに配置)
そして、4月からはCTSに戻して仕業検査の見習を行なわせ、その後、仕業検査の本番を行わせようというのだ。
ところが、JR千葉支社は、1月14日、幕張車両Cと京葉車両Cに配置されていたプロパー労働者の入れ換えを行ったのだ。これは、3ヶ月で各車両センターに配置されている車両の構造や性能等を全て覚えろということだ。

機能保全検査では、ほとんど見ているだけの技術研修
 しかし、こんなことが絶対にできるはずがないことは、現場で検修業務を行っている者であれば全員が分かっていることだ。
機能保全検査は、新規採用された労働者などが最初に配置され、この中で車両の構造や性能、各機器の取り扱いや故障時の対応等について習熟することになっている。その期間は、今のJRでさえ少なくとも2年から3年をかけている状況だ(動労千葉が機能保全検査(交番検査)から排除された09年以前は、10年以上担当しているベテラン労働者が配置されていた)。そして、機能保全検査での技術研修が終了した後に仕業検査に配置されていたのだ。

事故の責任は全て労働者に押しつけられてしまう
 しかも、現場からの報告によると、幕張車両Cでは、機能保全に配置されていたCTSのプロパー労働者に対しては機能保全検査を直接担当させることはほとんどせず、JRの担当者の行っている検査業務を見ているだけだったというのだ。これでは、ますます技術など覚えることなどできるはずがない。
こんな状況であるにもかかわらず、たった3ヶ月で入れ換えを行ったのだ。
しかも、出向で在勤が命じられいるのは幕張車両Cと京葉車両Cであるため、入れ換え後は「出張」と形になり、旅費まで払うというのだ。こんなデタラメがあるか。
さらに問題なのは、ほとんど技術を習得せずに仕業検査をやらされた場合、ミスや事故を起こしかねないということだ。もしも事故などを起こした場合には、責任の全てがCTSのプロパー労働者に押しつけられ、切り捨てられるということだ。
JRは、仕業・構内業務の外注化を行う際に、「JRと同等の技術力と安全を確保することが前提」だと回答し、CTSでも同様の回答が行われていた。
しかし、今回のプロパー労働者の入れ換えでハッキリしたことは、JRやCTSの言っていたことが全くのウソであったということがよりハッキリしたということだ。業務外注化でコスト削減を徹底的に行うためには技術研修の期間まで大幅に切り詰めようというのだ。その結果、起こることは、電車を検査・修繕する技術力の崩壊と安全の解体だ。これは、今、社会的に問題になっているJR北海道の状況を見れば明らかだ。民営化ー外注化がもたらしたものは、安全の崩壊であり、労働者の非正規職化だ。
今、JR千葉支社で起きていることは、JR北海道と同じ業務外注化に伴う安全の解体と労働者の切り捨てだ。こんなことを許すことは絶対にできない。
JRとCTSは仕業・構内業務の外注化を撤廃しろ!
検修技術の解体と安全の崩壊をもたらす業務外注化を粉砕しよう!

検修技術の解体と安全の崩壊をもたらす業務外注化を粉砕しよう!


出向命令無効確認請求訴訟
第5回口頭弁論に総力で結集しよう

期  日 1月22日(水)10時30分から
場  所 東京地方裁判所 527号法廷
その他 裁判終了後、弁護士会館で報告集会を開催します。

1047名解雇撤回!署名提出行動へ!
 1月22日、13時、最高裁判所前集合