CTS-計画業務受託する技術・経験、ノウハウなどないことを自認 !

構内計画業務の受託に関する申入(申58号)及び

プロパー社員の技術教育に関する申入(申60号)で、
CTSを徹底的に追及!

 9月6日、千葉鉄道サービスにおいて、動労千葉申第58号(構内計画業務に関する申し入れ)と60号(プロパー社員の教育・要請に関する申し入れ)に基づく団体交渉が行われた。団交の概要は以下のとおり。

CTSー計画業務の技術・経験、ノウハウは全くなし!
【第58号に関する団体交渉について】
まず、CTSとして、計画業務の技術・経験、技術者がいるのかどうかを質した。
組合 CTSとして計画業務の技術・経験、ノウハウはあるのか。
CTS これまで計画業務を行ったことはなく、技術・経験、ノウハウは今はない。
組合 計画業務を受託できる根拠な何か。
CTS JRで計画業務を行っている人が出向で来ることが前提である。
このように、本来、計画業務を受託できる条件が全くないことをCTS自身が認める回答を行ってきた。
計画業務受託に向けた当面する予定について追及した。
組合 計画業務受託に向けた教育・訓練等についてはどのように考えているのか。
CTS JRで出向者に対する事前通知が行われた後、担当者に対する教育等を行う。
組合 具体的な時期はどう考えているのか。
CTS JRと調整中だが、9月下旬で考えおり、20日以降で、連休明け(24日頃から)を考えている。期間は、3日~4日で考えている。
組合 内容はどのようにするのか。
CTS 計画には情報が集中するので、受託後は、JR監督員→CTS作業責任者→計画担当者と情報が流れることを周知する。

CTSでも管理者が増えるという異様な体制強化!
 さらに、計画業務受託後のCTSの要員体制及び業務体制について質した。
組合 計画業務受託後の管理者等の要員体制はどうなるのか。
CTS 現在行っている作業責任者の体制で変更はない。
組合 佐倉運輸区から幕張に1名が出向になっているはずだ。管理者が増えるということではないか。
CTS 現在、幕張事業所は7人で木更津派出も含めて2徹1日勤を回しているため、足りないことから1名を当直体制に入れるために受け入れた。
組合 休日が5日少なくなることから日記が増えるが、日勤の時には、清掃等との込み運用は行わないこと。
CTS 清掃業務を行わせることはない。

プロパー社員19名の内、千葉での教育は6名、13名は他支社で教育ーJR東日本本社が絡んでいたことが明らかに!
【第60号に関する団体交渉について】
組合 現在、プロパー社員をJRの大井工場で教育しているが、目的は何か。
CTS 来年度にはCTSで仕業を行ってもらうため、車両に関する技術教育を9月まで行い、10月から機能保全に入る計画になっている。
組合 機能保全に配置するというが、具体的にどうするのか。
CTS 19名が配置になるが、千葉支社では人数が多すぎるとのことで、千葉支社及び東京4支社(東京、八王子、横浜、大宮)で受け入れてもらうことになった。
組合 配置する人数はどうなるのか。
CTS 千葉では幕張と京葉に3名ずつ程度配置し、13名は4支社に配置する。
JRからの指示を受けることになるので、出向として受け入れることになる。
組合 技術教育を行うというが、千葉支社の業務を受託し、その業務を行うのに、なぜ他支社での教育を行う必要があるのか。
CTS 千葉支社のグループ会社であり、本来は千葉で行うのが普通だと思う。しかし、千葉で人数を受け入れられないということで、JR東日本本社にも調整をお願いして13名の受け入れをお願いしてきた。
組合 機能保全は半年行うというが、半年程度で一人前になると考えているのか。JRでも2年、3年は機能保全を行っている。
CTS 半年で必要な経験をしてもらうように考えている。
組合 経験とはなんだ。技術を身につけることは単なる経験ではできない。数年をかけて体で覚えなければ仕業検査などできない。
CTS ・・・教育を行うことになる。
組合 4月からはCTSで訓練するというがどうするのか。
CTS CTSで仕業の見習等を行い、夏頃から本番で使いたいと考えている。
組合 19名は、ハンドル担当にすることが前提だとしているが、いつ頃をメドに試験を受けさせるのか。
CTS 限定免許は、年2回あるが、来年秋頃には試験を受けることを考えている。また、仮に受からない者が出た場合には、険修職を行ったもらうことを考えている。
組合 プロパー社員ができあがった場合、出向者を清掃等に配置換えすることがあり得るのか。
CTS CTSとしてはそうしたことを行うことは考えていない。仮に行う場合は、JRで出向の手続き変更を行うことになる。

 以上のように、プロパーの教育には、JR本社も絡んでいることが明らかになったが、これは、動労千葉対策であることは間違いない。
また、機能保全を半年程度行っただけで仕業を行わせること自体、険修技術の崩壊を招くものであり、外注化による運転保安の崩壊を物語るものだ。外注化阻止へ闘いぬこう!