CTS-夏季手当について回答(6/10) 低賃金のために毎月退職者が出ている現実を無視した回答だ!

  •  

    組合要求を無視した低額回答弾劾!

  • 6月10日、千葉鉄道サービスは、2015年度の夏季手当に関する回答を行ってきた。回答内容は左記の通りだ。
    回答内容は、組合側の3・5ヶ月(嘱託、契約、パートについては、社員基準に準じた支払い)の支払い要求を拒否して低額回答を行ってきた。
    しかも、「一時金」については、昨年より5000円も減額するという、絶対に許せない回答だ。
    回答にあたってCTSは、「増収減益で厳しかった」「現場での努力に報いるために会社として努力した結果、昨年度と同様の内容を確保した」との回答を繰り返すという状況だ。
    また、一時金の減額についても「利益が上がらなかった」というのだ。

    JRによる委託費の抑制=低賃金強制を粉砕しよう!

    冗談じゃない!CTSが言う「利益」とは何か?JRからの委託費のことではないか。その委託費をJRが徹底的に安く抑えているから安い賃金が強制され、夏・冬の期末手当も低額で押さえられているということだ。
    一方、CTSの現場では、低賃金の中で、夏になれば熱中症で倒れる労働者が出るほど働かされている。しかもこの間では、低賃金で生活できないため「仕事と賃金が全く合っていない」といって労働者が辞めている。3月から5月では毎月退職者が出ている状況だ。
    こうした現実に対して、職場の怒りを結集して闘いに起ち上がろう!
    生活できる賃金と期末手当の獲得に向けて闘いぬこう!
    動労千葉に結集してJRーCTSによる低賃金の強制を打ち破ろう!