CTS清掃業務成田空港駅の過酷な勤務実態

◆夕食を取る時間もないほど休憩のない作業ダイヤ

 泊まり勤務では夕食を取るための休憩時間が全く用意されておらず、寸断されながら食べるしかない。昼食休憩も30分しかなく、全体としても十分な休憩がまるで確保されていない。

◆泊まり勤務で4~5万歩超も歩く
泊まり勤務の歩数を調査したところ、約4万歩から4万5千歩。CTSの調査では5万歩を越えることもある。歩幅の狭い女性の場合、日勤だけで6万歩という報告もある。(詳細は別途)

◆泊まり勤務を日勤扱いに
2日にわたる勤務(16:50 ~ 8:00、拘束15時間10分)が、「夜勤」と称して日勤として扱われている。この違法行為をごまかすため、休日前は名目上は24時退勤にし、「臨時勤務」として翌朝の勤務を強制する特殊な勤務が作られている。「休日」に8時間も拘束が強制される。(詳細は別途)

◆強烈な粉じん。肺気腫になった仲間も
肺の健康診断で再検査になった仲間が複数おり、肺気腫になった方もいる。マスクが真っ黒になるほど粉じんが舞い、運転士の仲間も成田空港駅での粉じんの多さを実感している。

労働条件を抜本的に改善し人間らしく働ける職場を!金子さんが亡くなったことをきっかけに、成田空港駅でのCTS清掃職場の実態の調査に乗り出した。その中で左記のように、現場のひどい労働環境の実態が浮かび上がってきた。このような中で勤務を強制された結果、金子さんの命が奪われたのだ。これは間違いなく労災だ。それをCTSは、労働実態を一切省みずに「業務とは関係ない」と言い切った。絶対に許せない! 同時に、エルダーで出向に出された仲間やCTSに雇用されている仲間は、J R―C T S によって現在もこのような環境を強制されている。 J R―C T S を徹底的に追及し、労働条件の抜本的改善を! 人間らしく働ける職場を実現しよう!