CTSは超勤代をごまかさずに直ちに支払え!!ウソと居直りの管理本部長文書

 JR千葉鉄道サービス(CTS)は3月30日、「社員の皆様へ」と題する管理本部長名義の文書(以下、「文書」)を職場に掲示した。これは、この間の超勤手当て未払い問題に関連して、会社のウソと居直りで、現場の労働者を黙り込ませるための文書だ。

「混乱」させて超勤代をごまかそうとしているのは会社の側

文書は、「幕張事業所においては、この間、慣行により行われていた休憩時間に跨る業務実態がありました。その処理について、混乱した情報があるようですので、改めて会社の考え方をお伝えいたします」としているが、起こっていることは非常に単純明快なことだ。
当該の仲間たちは、16時45分~18時の休憩時間中に時間外労働を行った。その超過勤務手当てをキッチリ払ってくれ、というだけのことだ。すんなり払 えば済む話なのだ。むしろ、なんとか超勤代の支払いをまぬがれるために、意図的に問題を混乱させているのは会社の側なのだ。

会社は「休憩時間変更」指示を一度たりとも行っていない

文書は続いて「今年2月に、関係する社員一人ひとりに対し、過去の実績についての報告を求め、その報告内容に基づいて、整理を行いました。そして、千葉労働基準監督署に対して、その結果を報告し、内容について了承いただいております」と述べている。
会社の“整理”とは、わかりやすく言えば“実際に休憩時間中の労働はあったが、休憩時間を変更して取得してもらった(→だから超過勤務手当ては支払わな い)”というものだ。千葉労働基準監督署の調査に対しても、このように報告をしてごまかした。非常に悪質だ。
事実、昨年11月の段階まで「休憩時間変更の指示」など、管理者が行ったことは一度たりともない。「休憩時間を変更して取得してもらった」という事実もない。労基署への報告は真っ赤なウソなのだ。
労働者の側が、勝手に休憩時間を変更することはできないし、実際上もありえない。管理者からの明確で、具体的な指示がなければ、労働者の側は、いつまでが 作業時間で、いつからが休憩時間なのか分からない。「休憩時間の変更で対応」というのは、会社が、超勤代を払えという声が上がった後に、その支払いを逃れ るため考えだした屁理屈にすぎない。

「休憩時間」「待機時間(=労働時間)」を意図的にごまかす

さらに許せないのは、会社が「休憩時間」と「待機時間(=労働時間)」を意図的に混同させ、当該の仲間たちをペテンにかけようとしていることだ。
労働時間とは「労働者が使用者の指揮命令下におかれている時間」をさす。実作業を行っているかどうかにかかわらず、そのすべてが労働時間である。このことは法律や裁判所の判例で決まっている。
しかし多くの会社で、この待機時間を勝手に休憩時間と言い張り、無給にするという違法行為がはびこっている。
労働組合の役員経験などがある人でなければ「休憩時間」と「待機時間」の区別など知らなくて当然だ。 2月に行われた当該労働者への聞き取り調査で、会 社は「休憩時間」と「待機時間」を意図的に混乱させ、待機時間(作業ダイヤでは「臨時対応」の時間)に休憩を取ったことにして正当な超勤代請求をごまかし ているのだ。
休憩時間中に便抜き、外板清掃、機械操作などの作業が発生したことは争いのない事実だ。
CTSは超勤代をごまかさずに支払え!!