CTSとの“全面戦争” 12/18動労千葉総決起集会を開催

外注化粉砕!ブラック企業CTS追究!
貨物賃下げ攻撃粉砕!北島君奪還!
12/18総決起集会を開催

JRとCTSの双方で闘いを!

 

新たな闘いへの決起体勢を!

12月18日18時から、DC会館で「外注化粉砕! ブラック企業CTS追究! 貨物賃下げ攻撃粉砕! ライフサイクル撤廃ー北島君奪還! 動労千葉総決起集会」が組合員支援百名を越える結集で開催された。

CTSとの“全面戦争”

田中委員長は、冒頭、安倍政権の特定秘密法採決強行を激しく弾劾した上で、「年末のこの時期に集会を設定したのは、年明けの旗開きを待たず、新たな闘いへの決起体勢を固めたかったからだ」と述べた。さらに「JR本体で徹底的に闘うとともに、下請け会社のCTSでも全面戦争を構える必要がある。その出発点が今日の集会だ」と総決起集会の意義を述べた。
そして エルダー組合員の金子さんが8月にCTSの成田空港駅での勤務中に亡くなって以降、組合が労働実態調査に乗り出し、泊まり1勤務で4~5万歩も歩き、食事や休憩もまともに取れない作業ダイヤ、マスクが真っ黒になるほどの粉じんの存在など、過酷な勤務実態を報告した。さらに、CTSがJRから委託された車両清掃業務で不正を行っていた疑いも浮上し、徹底的に追及することを明らかにし、検修・構内業務外注化のすべてが違法行為、偽装請負であり、「CTSで働く1千人のうち9割が非正規職、典型的なブラック企業だ」と怒りを込めて弾劾した。
そして、ライフサイクル強制配転から3年を迎える北嶋青年部長を運転士職に奪還する闘い、貨物賃下げ攻撃との対決を焦点とする14春闘、最大の課題としての組織拡大への総決起を訴えた。
動労千葉を支援する会の山本弘行事務局長の連帯あいさつ、川崎執行委員と山口執行委員の交渉報告に続いて、幕張支部が決意表明を行った。

“CTSをぶっ潰しても JRに戻る”

 山田支部長は「金子さんの労災死について、『業務とは関係ない』と開き直っている。絶対に許せない。CTSの労働条件を変えるために全力で闘う。清掃不正問題を見ても、こんな会社は外注業務を請けることなどできない。直ちに出向者をJRに戻せ!」と弾劾し、組織拡大の決意を語った。つづいて関執行委員は、「CTSの本社はJRからの天下りばかり。CTSという会社そのものをぶっつぶして自分たちはJRに戻る」と述べ、半田車技分科会長は「CTSの不正が運転部門で行われたらどうなるのか。まさにJR北海道と同じことがおこる」と述べた。青年部の木科君は「現状に甘んじることなく、青年部が動労千葉の先頭に立って闘う」と述べた。
貨物職場からは千葉機関区支部の斎藤隆男支部長、貨物協議会の佐藤正和議長が年末手当1・3カ月という超低額回答に強い怒りを表明し14春闘への決意を語った。
木更津支部の久留里線ワンマン運転撤回に向けた発言、争議団から中村仁君の決意表明に続き、長田敏之書記長が、1・22総行動など当面する闘いの方針を提起。各支部からの決意表明と団結ガンバローで集会を終えた。