5月17日~19日の沖縄闘争に動労千葉青年部4人が参加

「復帰」42年―5・15沖縄闘争
「解雇撤回! 基地撤去!」かかげ
青年部先頭に沖縄闘争にたつ

 5月17日~19日の沖縄闘争に青年部4人が参加し、全国の仲間と共に闘いぬいた。
1日目は、「復帰」42年5・17集会が行われた。基地撤去、改憲・戦争阻止と共に、日本IBMビジネスサービス(IJBS)労組書記長・仲宗根君への雇い止め解雇撤回の闘いを大きな軸として闘われた。
 2日目に、IJBS労組支援共闘会議の結成集会が行われた。
コールセンターで働く仲宗根君への解雇は、「個人情報漏洩事故」を理由に行われた。しかし、本来のチェック体制が機能すれば事故は起きなかった。IJBS労組は「外注化と人員削減にこそ事故の原因がある」と会社を追及して闘っている。
沖縄では1万7千人を越える労働者がコールセンターで働いている。中曽根君への解雇撤回闘争を通して、沖縄の労働運動全体を塗り替える闘いが始まっている。
そして3日目は、仲宗根君解雇撤回のIJBS社前行動、辺野古の浜辺での基地撤去の集会を共に闘った。
労働者を非正規職に突き落とし、
次々と切り捨てていく社会が、戦争へといきつく。闘う労働運動の復権を軸にすえて沖縄闘争を闘ったことには大きな意義がある。  解雇撤回・基地撤去! 闘う労働運動の復権を! 6・8集会に結集しよう!

―5・17沖縄集会での発言要旨―
外注化粉砕! 組織拡大! 6・8集会に結集を!
北嶋琢磨 青年部長(千葉運転区支部)

 結集された皆さん、お疲れさまです。
まずは青年部からの発言・報告をさせていただきます。
3月3日をもって千葉運転区の運転士に復帰できました。私は2011年2月からライフサイクル攻撃で強制配転されていました。その最中、2012年10月に幕張車両センターの青年部3人が強制出向という攻撃を受けました。今まで支えてもらっていた分、3人を取り戻すために全力をもって闘う覚悟です。絶対にすべての仲間を取り戻します。青年部は外注化粉砕、組織拡大で闘いぬきます。
続いて、動労千葉本部として、6・8集会に向けて発言します。
国鉄分割・民営化から27年が経過する中、それが戦後最大の労働運動破壊攻撃であり、国家的不当労働行為だと暴き、裁判所ですら不当労働行為を認めざるをえないところまで追い込んできました。
一方、分割・民営化から始まった外注化などは安全と雇用を破壊してきました。JR北海道の安全崩壊、京浜東北線川崎駅での衝突・脱線事故、韓国セウォル号沈没事故、ソウル地下鉄衝突事故など。労働者、市民への犠牲に転化しています。今こそ闘う労働運動が必要になっています。
1047名解雇撤回! 外注化粉砕! 今こそ闘う労働運動を甦らせよう! 10万筆署名の力で解雇撤回判決をかちとろう! 動労千葉は国鉄闘争全国運動6・8全国集会に向けて全力で闘います。結集のほど、よろしくお願いします。