3月ダイ改に向けて行路別問題点等を申し入れ

3月ダイ改阻止へストライキで闘いぬこう!

銚子運転区3名削減撤廃! 成田線1往復削減中止! 幕張車両C3名削減阻止!「ライフサイクル」絶対反対で闘いぬこう!

動労千葉は、3月ダイ改にむけて、各支部毎のダイヤ検討で出された問題点を集約し、千葉支社に対して動労千葉申第10号をもって「3月ダイ改に関する申し入れ」を行った。
3月ダイ改において千葉支社は、銚子運転区での1行路削減による3名削減、成田線での各駅停車1往復削減、幕張車両センターにおける特急車両の廃止等に伴う3名削減を行おうとしている。
さらに、2月からは、京葉車両センターでの車輪転削業務の委託を強行するとしている。
こうした中で各支部からは、食事時間や睡眠時間、拘束時間、乗務距離、大型行路、出勤・退勤時間、渡り時間、行路・交番の差し替え等々、多岐にわたる改善要求が出されている。
基本要求及び各支部毎の改善要求の内、主な内容は以下のとおり。

【基本要求】
◎検修構内業務の全面的な業務委託計画の撤回
◎60歳まで働ける労働条件の確立及び高齢者交番の設定
◎厳格な規定の運用及び安易な取扱変更の中止
◎ダイ改関係
◇銚子運転区3名削減撤廃
◇成田線の各駅1往復削減撤回
◇幕張車両Cの3名削減撤回
◎DL運転業務の今後のあり方及び運転士養成計画の明確化

【習志野運輸区】
◎拘束時間・日勤9時間以内、泊行路19時間以内へ改善
◎運転士と車両配置のバランスをとること
◎余裕を持つため行路数の増

【千葉運転区】
◎食事時間及び睡眠時間(とくに4時間台)の改善
◎153行路等、2時間30分以上の大型行路の解消
◎122、158行路・明けの退勤時間を12時以前に改善

【蘇我運輸区】
◎369行路・4時間台の睡眠時間の解消
◎1組・357~351行路と、2組359~354行路差替
◎要員が逼迫する状況に踏まえ、臨時要員の確保を行うこと

【蘇我運輸区京葉派出】
◎53行路・1008Y~1109A中間に休憩時間確保
◎60行路・君津行きの解消による睡眠時間の確保
◎休日76行路・937Eの便乗中止

【木更津運輸区】-EC関係
◎242行路・422kmの大型行路解消
◎233行路・鴨川~館山間持ちきりでの1往復半の改善
◎236行路・早朝出勤の改善

【木更津運輸区】-DC関係
◎構内入換作業は、内勤等の専門の入換担当者を配置すること
◎下郡・上総松丘のホーム延長
◎高千穂踏切等、危険踏切の1種化

【鴨川運輸区】
◎213、216、217、218行路・睡眠時間改善
◎202行路・2時間乗りっぱなし乗務の中止
◎217行路・明けでの12時を過ぎた退勤の改善

【銚子運転区】
◎308行路・1339Mの動力看視による食事時間確保
◎329行路・330M青出区による睡眠時間確保
◎301.302行路・4時台の早朝出勤の改善
◎320~305行路の渡り時間不足の解消

各区から上がった問題点について、千葉支社との団体交渉で徹底的に追及し、労働条件の改善をかちとろう!

蘇我と鴨川に、同一列番の列車が存在?

一方、千葉支社が提案してきた行路を見てみると、鉄道を生業としている会社が作ったとは思えない間違いが発見された。
1月10日に平日行路が提案され、その後約2週間以上経ってようやく「土休行路」が提案されたが、乗務員分科会で検討したところ、蘇我運輸区の休日 355行路と鴨川運輸区の休日203行路に「3863F」という列車がそれぞれ存在していることが明らかとなった。これまでも若干の誤記等があったが、同 じ列番の列車が2本、しかも二つの区に存在するなどということはなかった。
これは、単純なミスなどではない。列車のスジを引き、各区毎の行路を作成し、それに合わせて乗務員の運用を行うわけだが、列車を運行する上で最も基本的なところが抜け落ちているとしかいいようのない事態だ。
3月ダイ改での要員削減と列車削減撤廃! 検修・構内業務の委託計画の中止! 反合・運転保安確立-組織拡大へ、08春闘をストライキで闘おう!