06春闘-反合・運転保安闘争に立ち上がろう

第54回定期委員会で決定された闘いの課題・闘争方針

■ 06春闘スローガン

① 06春闘勝利、38,000円の大幅賃上げ獲得-賃金制度改悪阻止、定年延長と65歳まで働ける労働条件を確立しよう!
② 1047名の解雇撤回・原職復帰に向けて、1047名の共同闘争を発展させよう!
③ 闘いなくして安全なし! 二度と尼崎・羽越線事故を許すな! 全組合員の力で反合運転保安闘争を復権させ、JR体制を打倒しよう!
④ 幕張車両センター縮小・錦糸町派出廃止、京葉運輸区廃止-基地統廃合攻撃を許すな!検修・構内、車掌、駅業務等の外注化阻止!
⑤ 士職登用差別・強制配転粉砕-原職復帰、一切の不当労働行為根絶に向けて、反転攻勢の第2ラウンドにたちあがろう!
⑥ 国民投票法制定、教育基本法改悪阻止、改憲と民営化-労組破壊の大攻撃立ち向かい、すべての労働者の先頭にたって闘おう!
⑦ 一人ひとりが活動家となって、動労千葉の未来をかけて組織拡大を実現しよう! 

■ 06春闘決戦段階の闘いの配置

(1) 06春闘を、安全崩壊の危機的現実にふまえ、反合・運転保安春闘と位置づけて、ストライキ、安全運転闘争を含む闘いを配置して、総決起体制を確立する。
(2) 06春闘の山場を3月ダイ改時に設定し、3月16日~18日にストライキを配置して、要求の解決を求める。
(3) とくに、攻防の焦点となる検修区(幕張)については、3月上・中旬段階での第一波ストライキの配置も含め、 業務移管-基地縮小、錦糸町派出廃止計画の中止を強く求める。
(4) 尼崎事故や羽越線事故、レール破断の多発という事態にふまえ、3月上旬より、安全運転闘争を配置し、反合・運転保安要求の解決を求める。
(5) JR貨物の新賃金回答の動向をにらみつつ、大幅賃上げ獲得-ベアゼロ回答打破、新賃金制度導入阻止に向けた、貨物を中心とした闘いを配置する。
(6) 3月16日、18時より、千葉市民会館で、06春闘勝利、反合・運転保安確立動労千葉総決起集会を開催する。
(7) 闘いの細部については、次期執行委員会で決定する。

▼歴史の分岐点!

06春闘は、改憲と大民営化攻撃の渦中での闘いとなる。改憲のための国民投票法案、教育基本法改悪案がこの3月にも国会に上程されようとしている。われ われは歴史の分岐点にたった。戦争への道を許すな。06年は、歴史選択のときとして労働者に大きな課題を突きつけている。

▼この現実に怒りの声を

その一方で、「官から民へ」というペテンに満ちたかけ声の下に、膨大な労働者の雇用が破壊されようとしている。民営化とは労組破壊攻撃だ。貧富の差が拡 大し、東京や大阪の学校では、4人にひとりが文房具や給食費などの補助受けている状態だ。国民健康保険料が払えなくて、保険証をとりあげられた世帯が全国 で30万を超えた。30万世帯が病院に行くこともできなくなっている。
われわれは、06春闘がこうした渦中で闘われることを忘れてはならない。

▼JR体制を打倒しよう

国鉄分割・民営化の矛盾が安全の崩壊となって噴き出している。相次ぐ大惨事にも係わらず、JRは幕張車両センター縮小-業務外注化等の大合理化を強行し続けている。われわれは、06春闘を反合・運転保安春闘と位置づけてたちあがる。
1047名の解雇撤回闘争、不当労働行為根絶に向けた第二ラウンド=士職登用差別粉砕の闘い、貨物における賃金抑制攻撃粉砕の闘いも正念場だ。全力で06春闘に立ち上がろう!

06春闘勝利、反合・運転保安確立動労千葉総決起集会
3月16日 18:00~
千葉市民会館