韓国セウォル号沈没事故が突きつけているのはなにか?

「殺人者は船長ではなく新自由主義だ!」

 4月16日の韓国セウォル号沈没事故で高校生、教員ら300人近くの乗客、乗員が殺された。そして韓国では深い悲しみとともに、パククネ政権への抑えがたい怒りが爆発寸前だ。
5月10日、多くの高校生が殺された高校のある安山市を、2万人のキャンドルが埋め尽くした。そして17日にはソウル都心を5万人のキャンドルが埋め尽くし、「パククネは退陣しろ」、「青瓦台に行こう」というシュプレヒコールがあがっている。
追い詰められたパククネ政権は、逮捕した船長や航海士らにすべての責任をなすりつけ、殺人罪で起訴し、死刑にしようとしている。
ふざけるな! 真の殺人者は誰か。 金儲けのために3倍もの過積載を行い、船員の半数以上を非正規職にし、安全対策も訓練もしないで運行させていた船舶会社ではないか。規制緩和や非正規職化を進めてきた政府ではないか!
韓国労働者民衆の怒りの根底には、政府の事故対応がずさんを極めたことに加え、新自由主義こそ事故の根本原因であることを、韓国の労働者民衆は自らの労働現場で、生活の場で嫌と言うほど実感しているからだ。
 『新自由主義によって「カネ」が重視され、「安全=人命」が軽視されていった。そればかりでなく、労働者の誇りを蒸発させ、人々の心から公共心を奪い去った。その結果として、韓国社会を著しく没落させた』と。(在独韓国哲学者ハン教授)
セウォル号沈没事故で起きたことはJR北海道と全く同じだ。  新自由主義=市場原理は「安全=人命」と絶対に相いれないのだ。

日本の廃船が 「韓国最大のクルーズ船」に

 セウォル号は、日本での18年間運行してた廃船を購入したものだ。さらに806人だった定員を、客室建て増しで960人に増やし、「韓国最大のクルーズ船」として幅広く宣伝され、2013年3月より仁川ー済州島の定期運行を開始した。 内部の操縦装置の腐食が進み、操舵機やレーダーの故障が度々発生していたオンボロ船が、どうして「韓国最大のクルーズ船」として運行できたのか。
2009年、当時のイミョンバク政権は「船齢と海洋事故は関係ない」「旅客船の船齢制限の緩和で200億?が節減される」と海運施行規則を改悪し、船齢制限を20年から30年へと大幅に緩和した。この規制緩和で日本の廃船を低コストで購入できたのだ。

トルコで炭坑爆発事故

 5月14日、トルコ・ソマ炭坑爆破事故で、300人以上の労働者の命が奪われた。この炭鉱は2005年に民営化され、利益重視で安全対策がまともにされず、昨年1年間だけでも労災事故が4千件以上起きていたと地元メディアは報じている。

「闘いなくして安全なし」

 このトルコの炭鉱事故にしても、セウォル号事故にしても、そしてJR北海道にしても、安全が崩壊している現実は現場の労働者は知っていた。しかし団結が破壊され、声を上げられなかった。その積み重ねが、大惨事に行き着いたのだ。だから、労働者の団結は、人間が生きる社会を、社会として成り立たせるための一番大事なことなのだ。
「闘いなくして安全なし」―今こそ闘う労働組合を全国の職場に!
外注化、非正規職化粉砕、解雇撤回10万筆署名を集めきり、6・8国鉄集会への大結集を勝ち取ろう!