青年に訴える ⑥ 津田沼支部 「仲間で団結することが大事。昔は仲間のためにとか、自分だけじゃダメだとかいう雰囲気が強かった。でも自分ひとりじゃ何かあったときに闘えない。動労千葉みたいな闘う組合が残ってるから、まだくい止めてるんだよ」

ライフサイクル制度撤廃!

動労千葉に加入し共に闘おう

ライフサイクル即刻廃止!
青山 ライフサイクルが導入される時は、ふざけるなって雰囲気があったけど、最近は、行かされるのは仕方ないってなってるよね。
滝 やっぱり家庭もあるし駅の仕事もよく分からないから不安だって意見は出てますね。
青山 主務試験を駅にいる間に受けろってしつこいってね。4年目に入った人間もでた。3年たったら返すと言ってて、結局勝手に延長されちゃう。そういう不安をみんな感じているよね。俺は主務試験も受けない、3年で返してくれって人も出てる。4年目だって言われて若い連中怒ってたよね。
滝 明日はわが身ですよね。東労組本部がいかにウソをついてきたか。東労組の若い人にも見えてきたと思う。自分は3年で戻ってきた。団体交渉やって、返さなければ指名ストに入ることまで考えた。黙っていたら会社が返さないっていいだすから、それくらい構えてやらないとダメかなと。そこが東労組と動労千葉の大きな違い。
青山 ライフの後に新人事賃金制度が出て、ゴマする人間も出てきてるよね。今の仕事やってれば賃金は上がらない。でも、昇進すればもっと上がりますよって競争をあおってる。
滝 一生懸命会社に尽くしても、結局賃金はまた下げられる。CTSとか関連会社に外注化・強制出向で、最終的には転籍。
青山 会社のほうは総額人件費を上げる気なんてないんだよな。その中で働いている人間を競わせて、団結を破壊する。そうしたら全体としてはどんどん賃下げになっていく。
滝 ライフサイクルで手当てがなくなったりもする。何より団結、運転職場の崩壊につながる。だから、この制度は即刻廃止しかない。そもそも会社は、乗務員から先は自分の好きにしていいと説明してた。それを勝手に制度も変える。東労組は「覚書」=労働協約を結んだが、動労千葉はそれもないのに「任用の基準」で駅に行かせる。そういう人権を無視したあり方も許せない。駅だってライフサイクルで営業業務や運転業務ができる人間も育たない。結局、駅の全面外注化につながる。絶対に廃止させるしかないですね。

民営化・外注化の矛盾
青山 検修職場で外注化が強行されたけど、東労組の運転士は知らなかったりするよな。
滝 運転してても外注化したせいで偽装請負がついて回る。本来、鉄道の仕事は分けられないのに外注化した矛盾ですよね。前は蛍光灯交換なんか普通に言えばよかった。それが当直に連絡して作業責任者にいって作業者にたどり着く。出区まで10分しかないのに電車が出ちゃうよって。車庫で出来てたことをわざわざ止めてる。会社が効率化とかいってるのはごまかし。お客様目線とか嘘っぱちもいいとこ。自動改札機が故障して初電で修理の電話しても、朝10時にならないと来ない。日本郵政も民営会社になって、荷物が届かないとか。「効率化」だといって民営化・外注化すると、必ず非効率になる。北海道では車両がしょっちゅう燃えてる。やっぱり分割・民営化のつけがきてると思う。修理する専門の人がいない。仕事を発注する管理者も、受ける作業責任者も仕事を分かってない。
青山 車両が故障しても故障シール張られっぱなしで全然直らないよね。中央・総武緩行線だって三鷹しか基地がなくなってる。津田沼に入れても直せるのはごく一部だからね。
滝 部品がないですよね。みんなコスト削減だってなくしちゃった。故障を一つずつ直さずに、ある程度ためちゃう。一つ二つ壊れても故障シール張って半年もおいたままになる。
青山 本区でさえ部品のストックが減らされてるしね。それで10月1日には計画業務の外注化でしょう。絶対止めなきゃいけないよね。

間違ったことには闘う
青山 間違っていることには反対するってこと。動労千葉は何でも反対だと思ってる人もいるけど、間違ったことがあるから闘ってる。今度の外注化とCTSへの強制出向もそう。すでに矛盾が出てるよね。
滝 動労千葉よりの考えの人もいるし、会社よりの人もいる。でも、うちらがちゃんとやってれば話せる人はいるなと。前は若い人も、とにかく会社にたてつくなというのが強かった。今はおかしいって気づく人も出てきたと思う。偽者と本物がはっきりする時代に入ったかなと。昔は会社になんか協力しないとかやってたのが、管理職になるとがらっと変って逆らわなくなるのが多い。誰が会社に媚びる奴かははっきり見えたのかなと思いますね。
青山 個人個人で思ってたりするだろうけど、仲間で団結することが大事。昔は仲間のためにとか、自分だけじゃダメだとかいう雰囲気が強かった。今はやっぱり個人でってなる。でも自分ひとりじゃ何かあったときに闘えない。動労千葉みたいな闘う組合が残ってるから、まだ食い止めてるんだよ。京葉車両センターが出来たとき、モデル職場だって動労千葉を排除した。その当時は規律がすごかった。ちょっと何かあると賃金カットするぞって脅す。闘う組合がないとそこまで行っちゃう。
滝 はっきりものを言う事が必要ですよね。相手が誰だろうと、矜持を持って正しいと思うことをいう。でないと会社にいいようにやられちゃうし、団結も生まれてこない。不安で行きたくないような職場にしない。それは自分たちで作っていくもの。会社や管理者が喜ぶのは自分たちの利権。労働者のためじゃない。だから、管理者の一方的な押し付けを絶対に跳ね返す。そういう闘いは一人から始まるけど、皆で束になれば凄い力を持ってるんですよね。そうして楽しい職場にしていこう。動労千葉に入って一緒に闘いましょう。