青年に訴える③―津田沼支部長・相馬正利 組合員のためにならなければ組合じゃない 決断するなら今

*労働者は団結していれば何も恐いものはないんだから、本来は単純明快なこと。それを伝えていきたい。それと「絶対に事 故だけは起こすなよ」と言ってるけど、人間だからいつか事故は起こす。そのときに誰が守ってくれるのかってことが一番問題だと思う。

 

俺はハンドル握れない

私は国労から動労千葉に移って21年になる。国鉄分割・民営化攻撃の渦中だった。
1985年11月に動労千葉がストライキをやるって聞いた時は、26歳で労働組合のこともよく知らなかったから、最初はそんなに深く考えなかった。当 時、津田沼電車区(現習志野運輸区)は動労千葉が百数十人。11月入ってからみんな目の色が変わった。「三人にひとりはクビ」という状況だったから、これ はもう「生きるか死ぬか」という雰囲気が職場のなかにどんどん出てきた。国労が「スト破りも仕方ない」となったときに俺は決断した。仲間が本当にクビをか けて闘っているのに、俺はハンドル握れないと。
動労千葉のオルグにも心動かされた。自分の中には、この先30年、この人達と一緒に生きていくのか、訣別するのか、というのが一番強くあった。運転士に なって3年だったけど、先輩たちにも世話になったし、やっぱりこの人らと訣別できないな。だったら一緒にクビになった方がいいや、俺は何やったってメシ 食っていくと。

組合は組合員のために

労働者の ことを考えてくれない組合は、労働組合じゃない。今は当時とずいぶん情勢が違うけど、今のJRは、その当時にだんだん近づいていると思う。今の若い人たち も、「週刊現代」に連載された組合費の使い込みとか、東労組の役員が何をやっているのかわかっているはずで、労働者としてどう考えているのか、何も考えて いないのかって疑問に思う。やっぱり俺たちは労働者だから資本家とは絶対一緒にはならないし、相対するものなのに、それを組合がやらないんだから、訣別す るのは今じゃないか。
動労千葉は組合員のために全てを捧げる組合だと思う。俺も運転士だけど、事故起こせば死んじゃうわけだし乗客も殺しちゃう。未だに稲毛~西千葉間はレー ルガタガタだしね。いくら替えても根本からやらなけりゃ直らない。特に209系だと、80㎞越えると変な横揺れがすごい。だから運転保安闘争とか、組合員 のための闘いをやっている。そもそも労働組合はケンカする気がなかったら何の意味もない。

言うべきことを言え!

今、職場の状況を見ていても、列車が乱れたときなども、やり方が指令第一主義で、A回し(列車運用)だけで、運転士の手配は全く無視されている。若い人 は、乗れっていわれると、トイレやメシ、休む時間もないのに、それでも行っちゃう。それで「いやあ、疲れました」って。だったら最初から乗るなって。俺が よく言うのは、はっきりモノをいえる労働者になれってこと。
東労組の役員は何もしないから、俺なんかが代わりに「今来たばっかりで行くのやめさせろよ」「少しぐらい休ませてから使えよ」って文句を言うけど、当局 も、東労組が何でも言うこと聞くから平気で、緊張感がなくなっている。運転士が足りなくて休勤もすごい数だし、事故起こせば全部自分持ち。最低限言うべき ことを言えない労働者じゃだめだ。結局はそれが全体を苦しめることになる。若いうちはいいけど40代、50代になったら体ももたなくなる。
ライフサイクルの問題も、「職場から行くのはとりあえず1年目は一人か二人。まずは30代が行くだろう」って、そんなに深く考えていない。問題はそんな ことじゃない。会社が駅員をぜんぜん養成してこなかった結果、広域移動が終わって駅がパンクするって状況で出てきた問題で、会社の完全な失敗。運転士には 責任もないし、行かされる理由もない。しかも東労組が会社に逆提案していた。ふざけるな!ってことだ。そもそも労働組合が反対すればこんなデタラメは絶対 通らない。東労組が自己保身のために現場の組合員を犠牲にしている。

運転士のプライドを!

職場は動労千葉がいなくなったらぐちゃぐちゃだと思う。俺たちの年代がいなくなった時にはすごい職場になる。電車はまともに動かなくなり、事故もバンバン 起こると思う。疑問を持ってほしい。労働者は団結していれば何も恐いものはないんだから、本来は単純明快なこと。それを伝えていきたい。それと「絶対に事 故だけは起こすなよ」と言ってるけど、人間だからいつか事故は起こす。そのときに誰が守ってくれるのかってことが一番問題だと思う。
若い人には運転士だっていうプライドをもってほしい。今は、指令や指導員、助役になるとか、意識が足かけになっている。でも、そんなのは全体のせいぜい 1割。30代になってもまだ主任になれない者がいる一方で、運転士になって3年ぐらいのがぽんぽん主任になったり、区長が出る飲み会には必ず参加するって ヤツもいる。自分だけよければって意識じゃ蹴落としあいになる。当局の思うつぼ。
その一方で、何人かは「動労千葉すごいですよね」という。中野の乗務員も「日刊」を読んでいて「何でうちはストライキやらないんだ」とかね。そういう想 いはある。決断するなら今だと思う。東労組も会社から見離されて分裂した。運転士としてこれからもやっていくんなら、今決断して一緒に闘おうって訴えた い。