雇用・安全破壊の外注化粉砕! 本 日 スト突入!

外注化は指を落とす事故まで引き起こした

CTSの仲間を犠牲にするな!

本日、動労千葉はストライキに起ち上がる。外注化による安全崩壊を許すわけにはいかないからだ。

外注化で安全が崩壊

8月、幕張車両センターで転削業務中に指を落とす事故が発生。7月に銚子派出で車両下での作業中にブレーキが緩む重大事態も起こった。
転削業務では外注化以降、ミスが多発した。しかし、下請け会社のCTSには技術指導できる部署はなく、何の対策もうたずに放置した。
銚子派出は外注化で管轄が移った。現場の実態を知らない管理者が誤った指示を出し、JR―CTS間の連絡にもミスがあった。
どちらも外注化の結果なのだ。

「安全よりカネ」許すな

 その上、JRは転削業務への出向者を本日付でJRに戻すと通知した。これまで転削業務を行ってきたベテランを外し、採用からわずか1年半のCTSプロパー社員だけで業務を行わせるというのだ。
さらに、10月から構内運転まで行わせるという。構内運転はJRでさえ4年以上の経験をつんでからつく業務だ。
CTSは、これほど教育訓練を急ぐ理由を「経費がかかる」からだと答えた。「安全よりもカネ」なのだ。

雇用の場の破壊だ

 JR―CTSは、JRからの出向者が担ってきた職場を、CTSプロパー社員だけで回そうとしている。仕業・構内業務を担ってきたJRの仲間たちは仕事を奪われ、本線運転士は構内におりることもできなくなる。
JRは外注化する理由を、「高齢者の雇用の場の確保」と説明してきた。しかし実際には、雇用の場を破壊し、国鉄時代から鉄道で働いてきた仲間を使い捨てようとしている。

10・1ストを闘おう

これを許せば事態は次々と進み、必ず大事故が起こる。その時、責任を負わされるのはCTSプロパー社員の仲間たちだ。コスト削減のために安全を破壊し、労働者を犠牲にする外注化は絶対に認められない。
全ての責任は外注化を強行したJR―CTSにある。外注化ではなく定年を延長しろ! CTSプロパー社員の仲間たちを犠牲にするな! すべての仕事と仲間をJRに戻せ! 10・1ストライキを貫徹しよう!
すべての仲間は動労千葉に結集して、ともに闘おう。