配転攻撃を粉砕し、 佐倉支部を結成!

配転攻撃を粉砕し、 佐倉支部を結成!

直ちに、怒りの佐倉運輸区抗議行動に起ち上がる!

 5月19日、11時より、DC会館において、「動労千葉佐倉支部結成大会」が開催された。佐倉運輸区開業 に伴い強制配転されて13名の仲間たちは、この日指名ストに断固として決起し、そして、全支部から結集した組合員や支援する会の仲間が見守る中、佐倉支部 結成大会がかちとられた。


佐倉運輸区に配転された13名。「動労千葉最強の支部として頑張る」と決意を述べる渡辺支部長。

結成大会は、「佐倉支部結成が、ストライキを闘う中でかちとられている」との大野準備書記長の開会あいさつ で始まり、議長に椎名君を選出して議事が進められた。冒頭、渡辺準備支部長は、「動労千葉11番目の支部として佐倉支部を結成する。動労千葉最強の支部に なるためにも、佐倉運輸区での職場支配権を握るために闘おう」と訴えた。
来賓として田中委員長があいさつに立ち、「組織破壊を打ち破った。そして、ローカル線切り捨てをできない力関係を作り上げた。これから本格的な闘いに打って出よう」と熱烈に語った。
執行部から提案された方針案、財政方針案が満場の拍手で承認された。そして、佐倉支部の役員体制が提案され、渡辺支部長をはじめとした役員が満場の拍手で採択された。
最後に、佐倉支部の組合員13名全員が並んで決意を明らかにし、渡辺支部長の団結ガンバロー三唱で佐倉支部結成大会は大成功の内に終了した。
そして、直ちに、佐倉運輸区抗議行動に起ち上がった。佐倉駅前には組合員・支援する会の仲間など120名が集まり、「強制配転粉砕!」「ローカル線切り捨て反対!」「外注化阻止!」のシュプレヒコールを佐倉運輸区に叩きつけた。

佐倉駅前に結集した動労千葉と支援する会の仲間たち。直ちに抗議のシュプレヒコールををあげる。

佐倉運輸区に向けて「強制配転粉砕!」「外注化阻止!」の怒りの声をたたきつける(5/19)