軽量化(ボルスタレス)車両の投入中止を 列車が暴れ、蛇行動、横圧、レールを壊す

「蛇行動」によりレール側面が削り取られている

緩行線・西千葉-稲毛間の揺れ

レール破断や異常磨耗の多発。レールがこれまで経験したこともないほどボロボロになっている。その背景には、無理なスピードアップ、車両の軽量化やボルスタレス台車の導入がある。
例えば、総武緩行線(上り)西千葉~稲毛間の直線で、常時強い横揺れが起きている。レールを見ると、車輪のフランジによってレールの内側が削りとられて いる部分と、削られていない部分が、交互に周期的に数百mにわたって続いている。台車が激しく蛇行動を起こしているということだ。蛇行動が収まってレール の削れが無くなるのは、稲毛駅のごく直前、列車の速度が低下してからである。

直線でも蛇行動!

軽量化のために、ボルスタ(枕ばり)や、車体を支える中心軸を無くし、台車と車体を左右二つの空気バネで直接つないでしまったボルス タレス台車は、当初から「蛇行動を起こす」と問題視されていた台車である。カーブなどでは「輪重ぬけ」による低速での脱線がおき、また「反復横跳びするよ うな揺れ」も指摘されている。
多少の「改善」が施されてきたとはいえ、基本設計上非常に不安定な台車であることは否定できはない。
総武緩行線・西千葉~稲毛間はほんの一例に過ぎない。この間問題になっているように、カーブでレールを痛めつけているだけでなく、直線区間でもいたる所で激しい蛇行動を起こしているのだ。
蛇行動は、ごく低速では起きないが、一定の速度になると発生し、一旦は収まって、さらに速度が上がると第二の不安定域に入ってまた発生し、その後は収束 することがないという。西千葉~稲毛間も、蛇行動が収まるのは、レールを見る限り、稲毛駅に到着する直前、つまり列車の速度がごく低くなってからだ。

列車が激しく暴れている

こうした状態がレールを激しく痛めつけ、破断や異常磨耗を多発させていることはもはや間違いない。曲線では強い横圧を発生させ、直線でも蛇行動を起こす。スピードアップされ、強力なモーターとブレーキで急加速・急減速することによるレールへの影響も大きい。
しかもそれは、投入当初から予想されていたことであった。軽量化車両は、投入時点から「踏切が誤動作する」ということが問題になっていたのである。結 局、軽量化車両を投入する線区については、踏切検知の高感を上げる工事が行なわれることになった。これは、列車が走行中に暴れていることを意味している。 そのために、列車が踏切の開閉検知を何度も踏んだような現象が表れ、誤動作が発生するとしか考えられない。レールが激しく痛めつけられているということ だ。
ボルスタレス台車を使用した軽量化車両が今や主流となっているが、これは重大な欠陥車両である。

特に異常はない?

西千葉~稲毛間の横揺れにしても、千葉支社は、組合の申し入れに対し「特に異常は認められない」「基準値内である」等と回答している。
だが、こんな回答で済ますことは絶対許されない。この3年間、レールが破断した箇所も「基準値内」だったのではないのか。「基準値外」だったが放置して いたとでも言うのか。台車が蛇行動を起こしレールを痛めつけているのは、否定しようのない現実である。それを何の対策もせず「特に異常は認ない」のひと言 で済ましてしまおうというのか。
さらに総武緩行線では、運転士から「平井~亀戸間でガクンと異常な揺れがある」という声が上がっている。ここは、この間の要求によってレール交換を行 なった箇所だ。職場には、交換したレールがなじむまでの問題であり特に異常はないという主旨の掲示がだされているが、いくら経っても一向に解消されない。 保線業務を全面的に外注化し、ベテランの保線労働者の技術力が失われた結果、工事そのものまでおかしくなっているのではないかという疑念を持たざるを得な い。

軽量化車両の投入中止を

車両の軽量化・ボルスタレス化は、動力費(消費電力量)の削減や軌道保守費の削減などコスト削減を目的としたものであった。だが、軌 道保守費に関しては、結果は全く逆になった。軽量化車両の投入によってレールはボロボロになり、今膨大なレール交換が強いられているのである。
いつ列車がひっくり返ってもおかしくない非常事態だ。軽量化車両の投入を直ちに中止せよ。速度規制、巡回周期の短縮、さらなるレール交換等、緊急の対策を直ちに行なえ。外注化した保線業務を直轄に戻し、万全の保守体制を確立しろ。