線路状態調査で申し入れ 昨年問題としてして指摘した箇所が未だに放置されている状況だ!

安全運転行動の成果をさらに拡大しよう

4月25日の尼崎事故から半年が経過し、改めて国鉄分割・民営化による犯罪的な事故に対する怒りがこみ上げてくる。
動労千葉は、尼崎事故から1ヶ月を期して安全運転行動を闘いぬき、JRの安全無視を徹底的に追及してきた。この闘いは、千葉支社管内で延べ22㎞にわたるレール交換実施をかちとり、東浪見駅の45㎞/hポイントにはATSーPの速度照査を設置するとの確認が行われた。
しかし、レール交換やATSーPの設置全てが終わっているわけではない。
安全運転行動を闘いぬく中で、乗務員分科会を中心にして8月1日から、千葉支社管内全線区において、昨年に続いて「線路状態実態調査」を実施した。

■線路実態調査について
○調査区間 本線運転士が乗り入れている、全ての区間。
○調査項目 線路、信号、各種標識、その他感じたこと。
○調査方法 運転席からの体感及び目視による確認。
○調査対象 全ての本線運転士。
○調査期間 8月1日~10日。

全線区で154件もの問題点を把握

調査の結果、各調査項目については、次のとおり報告された。

調査項
線路関係
信号関係
標識関係
その他
合 計
件 数
66件
24件
41件
23件
154件

各調査項目の主な問題点等については、次のとおりとなっている。

【線路関係】
◆横揺れ       37件
◆上下動        9件
◆雑草等        6件
◆異 音        4件
◆噴 泥        3件
◆レール磨耗      3件
※この中には、昨年指摘した箇所で改善されていない箇所が11件報告されている。

【信号関係】
◆所定位置で視認不良 11件
◆草木による視認不良  6件
◆建植位置不良     5件
◆汚れによる視認不良  1件
※この中には、昨年指摘した箇 所で改善されていない箇所が、4箇所報告されている。

【各種標識関係】
◆草木による視認不良 19件
◆汚れによる視認不良 12件
◆建植位置不良     4件
◆建植位置不良     2件
◆解除標識等未設置   1件
※この中には、昨年指摘した箇 所で改善されていない箇所が、4箇所報告されている。

【その他感じたこと】
◆草木等による視認不良 9件
◆危険踏み切り対策   7件
◆ホーム等の安全対策  2件
◆土砂見地装置設置   1件
◆ストップ方への開通  1件
◆看板破損       1件
◆行き違いの現示遅れ  1件
◆DLの冷房対策    1件

反合・運転保安確立へ全力で闘い抜こう!

調査の結果は以上のとおりとなっている。
とくに、昨年の線路状態調査で問題点として把握し、千葉支社に改善要求を行ってきた箇所と同じ箇所が19箇所も問題点として上がってきたことは、重大な問題だ。昨年行われた団交で千葉支社は、「調査を行ったが安全上問題はない」との回答に終始した。しかし、この春からの「レール破断」の多発と安全運転行動によって多数のレール磨耗等を指摘する中で、レール交換が実施されてきたが、それでも未だに危険な状況が続いているということだ。
11・6集会への動労千葉の根こそぎの決起を実現し、安全を無視するJRに対して、反合・運転保安闘争を粘り強く闘い抜こう!