総武快速線・津田沼~幕張間でレール交換(6/7)

安全運転行動を貫徹しよう
津田沼-幕張間の安全運転行動は6/7終電をもって集約。その他の行動は継続

千葉支社は、安全運転行動を処罰しようという断じてゆるされざる対応を続け、監視・どう喝をもって闘いを潰そうとしている。尼崎事故を忘れるな。不当処分策動をはね返し、断固として闘いを継続しよう 【写真】は、総武快速線・津田沼~幕張のレールの状況。ほとんど破断寸前のボロボロ状態が数百メートルに渡って続いている
総武快速線・レール無惨! NEW

6月6日、終電後の列車間合いで総武快速線・津田沼~幕張間のレール交換工事が行われた。交換されたのは28㎞840~29㎞90までの250mで、損傷の最も激しい箇所である。
さらに6月16日に同下り線25㎞156~25㎞783の627m、7月27日に上り線31㎞398~31㎞743の345mを交換することを確認し た。下り線は、今回工事の下り方など、他にもレール交換が必要な損傷箇所がある。これについてもできるだけ早い時期に計画することが確認された。

一部集約を決定

本部はこれを受けて、総武快速線・津田沼駅~幕張駅間の安全運転闘争については、工事後の安全確認のうえ、6月7日終列車をもって、一旦集約することを決定した。その他の項目については、今後も安全運転行動を継続する。

(1) 安全運転行動のうち、総武快速線・津田沼~幕張間上下線の安全運転行動は、6月7日終列車をもって集約すること。
(2) ただし、未だ抜本的な安全対策が完了したとは言えない状況にあるので、運転中危険と認めた場合は、直ちに速度を下げること。
(3) その他の項目については、引き続き安全運転行動を継続する

処分の脅かし、監視・現認をはね返し、闘いを継続しよう。闘いなくして安全なし。これはほんの小さな一歩に過ぎないが、昨年来の相次ぐレール破断に対する1年半にわたる闘いがあったからこそ実現した成果である。

1級線でこの事態

総武快速線・津田沼~幕張間のレールは、下の写真のようにレール踏面の無数の傷が数百mも続く状態であった。そしてこの区間で、昨年、今年と二度連続してレール破断が発生したのである。
東京との大動脈であり、最もグレードの高い1級線でこのような現実が起きている。レール交換が済めば安全対策は万全ということではない。なぜこのような ことが起きるのか。列車速度や構造上の問題はないのか、検査体制は十分なのか、あらゆる角度から徹底した検証が必要である。
鉄道総研のレポートでも、レール破断はレール表面の傷から成長していくと考えられるが、成長速度などは未だ解明されていないと報告されている。当面の対策としてレールを交換したから万全ということではない。

徹底した検証を!

とくに保守・検査体制の徹底的した見直しが必要だ。レールが真っ二つに折れるまで事態が把握できず、あるいは傷があることを承知しながら放置され破断に至った自体、絶対あってはならないことである。
JR東日本は、保線業務を丸投げ的に外注化し、しかも線路の徒歩巡回周期、列車巡回周期を約3倍に延伸した。外注化にともなって、保線区体制も抜本的に 縮小され、ベテランの労働者が、熟知した受け持ち線区を担当するという体制も解体された。「最新のテクノロジーを活用した検測車の導入」が検査周期延伸の 理由とされたが、それが機能していないことが、事実をもって突きつけられている。
われわれは今後も、検査周期をもとに戻すこと、業務外注化の撤回等を強く要求して闘いを継続する決意だ。

千葉支社は、安全運転行動を処罰しようという断じてゆるされざる対応を続け、監視・どう喝をもって闘いを潰そうとしている。尼崎事故を忘れるな。不当処分策動をはね返し、断固として闘いを継続しよう