組織拡大の一点にかけ闘おう 団結旗開きを盛大に開催(1/9) 

動労千葉は1月9日、午後1時からDC会館で団結旗開きを開催した。繁沢副委員長の開会あいさつに続き、田中委員長からあいさつが行われた。
来ひんあいさつでは、三里塚芝山連合空港反対同盟事務局で敷地内・東峰の萩原富夫さんが「今年は安倍打倒の歴史的な闘いの年。市東さんの農地を守る闘い は安倍政治の圧制との闘いそのものであり、それをひっくり返す闘いだ」と述べ、動労 千葉との変わらぬ連帯と、3・27三里塚現地集会への総結集を訴えた。さらに動労千葉弁護団の葉山弁護士が「昨年、動労千葉鉄建公団訴訟では最高裁で『画 期的な反動判決』をかちとった。今年はJRに法的責任を取らせる年だ」と呼びかけた。
 家族会の山田佐知子会長、田中委員長による鏡開きの後、永田雅章OB会会長の音頭で乾杯!会場を埋めた組合員と、共闘労組、支援する会の仲間が大いに交流を深めた。

第2部では、情報労連千葉県協議会、動労総連合(水戸、神奈川、高崎)、ちば合同労組、東京西部ユニオン鈴木コンクリート工業分会、 群馬合同労組中央タクシー分会、星野文昭さんをとり戻そう!全国再審連絡会議、婦人民主クラブ全国協議会、動労千葉を支援する会、全学連から熱い連帯のア ピールが続いた。「動労千葉からのお礼と決意」で参加した各支部の代表が決意を表明、最後に関道利新副委員長が2016年を組織拡大の一点にかけて闘う決 意を表明した。
ビンゴ大会で大いに盛り上がったあと、青年部の渡辺書記長の音頭でインターナショナルを合唱、田中委員長の団結ガンバローで締めくくった。

田中委員長の新年あいさつ

戦争を絶対に止める!
就職氷河期で非正規職しかなかった世代が40代に入っている。年金や健康保険も破たんし、社会が目茶目茶に壊れてきている。社会のあり方が、根本のところで間違っている。しかも、こういう社会をつくった連中が政権につき、憲法まで変えようとしている。
しかし、社会を破壊しつくすことで生き延びてきた資本家たちも、もう限界に来ている。中東や東アジアで「戦争が戦争を生む」情勢が始まり、ここに安倍政 権も乗り出そうとしている。これを止める力は労働運動にこそある。韓国で必死の闘いを展開する民主労総との連帯を強め、戦争を絶対に止める! 2016年 はそういう年になる。

●組織拡大へ全支部が総決起を
動労千葉の今年の課題は、何よりも第1に組織拡大の実現へ全支部が総決起することだ。昨年、全支部の奮闘の結果、11人のCTSの仲間が動労千葉に加入してくれた。時代が動き始めている。だからこそ、組織拡大の一点にかけて2016年を闘おう。

1047名闘争で新たな挑戦
 第2に、1047名解雇撤回闘争で、新たな闘いに打って出る。
JRに直接、解雇撤回を求め、ここに全ての怒りの声を結集する。この闘いは分割・民営化に最後的決着をつける闘いであり、「非正規職2000万人」の時代に切り込み、労働法制の抜本的改悪と対決する闘いだ。

反合・運転保安闘争で全面外注化と対決
 第3は、JRの全面外注化との闘いだ。昨年は事故続発の年だった。その原因は外注化にこそある。分割・民営化というやり方が破たんをさらけだしている。2016年は反合・運転保安をめぐる新たな決戦の年になる。

CTS・貨物を軸に春闘へ総決起を
第4は、CTSと貨物を軸に春闘の闘いに総決起することだ。これは全面外注化の問題と一体で、社会全体のあり方を問う闘いだ。
昨年の動労総連合の大会で「3桁の組織拡大」を決定した。すべての闘いを組織拡大の一点に集約し、動労千葉が、その先頭に立とう。JRに本当の労働運動を再生する闘いとして闘いぬこう。