第45回定期大会(9/25~26)1日目JRーCTSを貫く組織拡大を! 第2の分割・民営化攻撃に職場から反撃を!9・30 CTS本社抗議行動へ!

 

就業規則改悪絶対反対!
9・30 CTS本社抗議行動へ!

■9月30日(金)18時から  CTS本社前集合
10・1CTS幕張・京葉事業所門前抗議行動
■10月1日(土) 7時集合

動労千葉第45回定期大会は、9月25日、DC会館において始まった。
定期大会は、繁沢副委員長の開会あいさつで始まり、資格審査が行われ、大会成立が宣言された。議長団には、幕張支部の小澤代議員、木更津支部の山中代議員を選出し、議事が進められた。
スローガン案の提起に続き、執行委員長あいさつが行われた。
来賓あいさつでは、最初に動労千葉弁護団から葉山岳夫弁護士が、CTSでの就業規則改悪との闘いで4月実施を阻止した勝利、工臨行路の指名ストの闘いに ついて語られ、「国鉄分割・民営化の不採用基準にJRがかかわっていた。JRに法的責任があるのは明らかになった」と国鉄闘争の前進を報告した。その上 で、「外注化粉砕闘争に勝利しましょう」と証人尋問を迎える10・28出向裁判への結集を訴えた。
さらに動労水戸石井委員長、動労神奈川中村委員長、支援する会山本事務局長、ユニオン習志野の仲間、永田OB会長、山田家族会会長から挨拶を受けた。
その後経過報告に入り、一般経過報告、労働協約・協定締結報告、事業部報告、法廷闘争報告、会計報告、会計監査報告が行われた。
議事では、大会延期承認、決算承認、労働協約・協定締結承認のあと、16年度運動方針案、予算案が執行部より提起され、1日目の議事が終了した。

戦争阻止! 階級的労働運動の復権を

田中委員長あいさつ(要旨)

第45回の今大会は、大きな歴史の転換点での大会だ。安倍政権は改憲と戦争へと突き進んでいる。
動労千葉にとっても転換点となる。大量退職攻撃に立ち向かう闘う方針を確立しよう。
この一年間よく闘ってきた。10月外注化粉砕の闘い、11月1日千葉運輸区新設反対の闘い、春闘ではCTSと貨物の春闘を中心に闘った。
これまでの闘いは大きな地平を勝ち取った。1047名解雇撤回闘争では不当労働行為を確定させた。JRに法的責任ありという反撃の拠点をつかみ取った。 30年前、国会で国鉄改革法審議が始まった。動労千葉は、85年~86年ストライキに起ち上がった。そして28名が解雇された。
東アジアで戦争の危機が迫っている。日本は戦争法案を通し、軍事的に乗り出そうとしている。根本は資本主義の危機が戦争を生み出している。
安倍政権は、働き方改革をやると言っている。「同一労働同一賃金」、非正規をなくす。真実は真逆。最低賃金の正規労働者が生まれる。
JRは、水平分業と言って別会社化を進めるようとしている。
今定期大会の第一の課題は、1047名の解雇撤回勝利へ。分割・民営化反対の闘いを継続しよう。
第二は、運転保安闘争の再構築。工臨の闘いは第一歩。これまで組合員は何人倒れたのか。
インターネットで一挙手一投足が監視される。ダイ改のたびに泊まりの乙行路が日勤並みにされる。運転保安闘争を再構築しよう。
第三は、外注化粉砕の闘い。焦点は幕張支部、組織破壊攻撃を粉砕し、組織拡大をかちとろう。
第四の課題は、CTS就業規則改悪反対の闘い。5年目で選別される。最低賃金の時給で定昇ゼロだ。組織拡大をかちとり改悪を阻止しよう。
11・6労働者集会をなんとしても成功させる。東京―ソウルの共同行動を世界に呼びかけよう。東北アジアでの戦争の現実に抗して戦争を絶対に止めよう。 インドでは全土で1億5千万人以上がゼネストに立った。フランスでも労働法制改悪でゼネストが起きている。
今日、明日の討論で闘う方針を決定しよう。全てを組織拡大へ集約しよう。