第38回幕張支部定期大会報告と動労千葉新組合員2名紹介 (木更津支部 京葉支部)

団結の力で外注化を粉砕し、 組織拡大を実現しよう!
第38回幕張支部定期大会 

 幕張支部は11月20日、DC会館において第38回定期大会を開催した。議長には10月から強制出向から「将棋の駒のように」強制的に帰された渡辺君を選出し、議事が進められた。
 挨拶に立った山田支部長は、「この1年間、闘いの連続でしたが、皆さんの協力で闘い続けられ反撃することができました。10月1日には強制出向から3年を迎え、ほとんどの組合員が出向延長させられました。悔しくてたまりません。そんな中渡辺君だけが出向解除になりました。会社の都合で出向に出していながら、今度は長年やってきた仕事を奪ったのです。われわれは10月1日をストライキで闘いましたが、これで終わりではありません。外注化を粉砕し、業務と仲間を取り戻さなければなりません。大量退職が始まりますが、65歳まで闘えます。11・1労働者集会も家族会も含めて30名を越す動員をかちとりました。本当にありがとうございます。この団結の力でJR―CTSを貫く組織拡大を実現しましょう。よろしくお願いします。」と訴えた。つづいて執行部からの提起のあと、質疑応答が行われた。

質疑で出された主な意見
◎10月で強制出向3年を迎えたが、今後の闘いは。
◎マイナンバー制度はおかしいのではないか。
◎仕業検査は外注化されているが、派出でやるのか。
◎千葉派出が勝浦まで行 き、ブスヒューズを交換したが、他の派出でできないのか。また、駅などでブスヒューズを交換することが安全上どうなのか。
◎CTSでの労災の取り扱いはおかしいのではないか。
◎CTSでも16春闘を。
など活発な意見が出された。

新組合員紹介

労働条件向上で良き職場に
CTS君津作業所 STさん

このたび動労千葉に加入いたしました。よろしくお願いします。今まで入っていた組合は、組合費を払っているのに会社の言いなりで、こちらからの要望は全くといっていいほど聞いてくれません。低賃金で生活していくのにも厳しい状態です。それを変える為に頑張りたいと思います。よろしくお願いします。
声をあげていきたい
CTS京葉事業所 SYさん

きっかけは、会社都合の休業なのに年休を強制されたので、動労千葉に入って拒否しました。
CTSの賃金はとても低いです。60歳を迎えるとさらに賃金を下げられます。社員になれば少しはあがりますが、なれるのは管理者が決めた数人です。こうしたやり方が許せないと思っていました。これからは、大きな声をあげていきたいと思います。よろしくお願いします。