第36回乗務員分科会定期委員会へ ―調査活動を通して追及行動を展開し、検修・構内職場をJR本体に戻す闘いを全力で推進を

11月18日、第36回乗務員分科会定期委員会が、DC会館において開催されます。全支部からの結集を!

検修職場においては、新たに計画業務が外注化強行され、偽装請負と違法な出向による検修・構内外注化が推進し、当該労働者の怒りと不安は頂点へと達しています。また、作業実績は大きく後退して矛盾だらけです。
車両や構内における安全は脅かされ、検修・乗務員それぞれの目線からの点検が必要となってきています。調査活動を通して追及行動を展開し、検修・構内職場をJR本体に戻す闘いを全力で推進しなければなりません。
基地再編に関して、「東京圏70~80キロ直通運転構想」に基づき、ダイヤ改正度に攻撃が進んでいます。強制配転=組織分断と労働強化を目的としたローカル線切り捨て攻撃であることは言うまでもありません。さらには、千葉運転区をめぐり基地再編も想定されることから、組織防衛と労働条件の確保に向けて闘いを強化しなければなりません。
久留里線のワンマン運転が強行されました。乗客対応と設備上の多くの不備により乗務員負担は計り知れません。安全確認と客扱いによる列車遅延が日常化している現状です。すべての乗務員の負担増は事故へ直結する要素であり、責任の転嫁へと繋がることとなります。運転保安確立に向け、労働条件の改善とともに全力で闘いを強化しなければなりません。
そして最大の課題は、組織拡大に全力で突き進むことであり、ライフサイクル、予科生登用差別、強制配転者の奪還も含め、全ての闘いの前進はありません。
組合員の総決起をもって組織拡大を実現し、闘いに勝利しよう。乗務員分科会定期委員会に結集を!

第36回乗務員分科会定期委員会
■11月18日(月) 10時30分 DC会館

第23回家族会総会へ集まろう!

12月1日、家族会第23回定期総会がよびかけられています。
家族会は、外注化・強制出向粉砕闘争など親組合の闘いを支え、11月労働者集会などにもOB会とともに参加してくれています。組合全体の協力で家族会を盛りたてていこう。総会には、担当役員を含め、必ず各支部から参加しよう。
また、総会終了後、懇親会として「たこやきパーティ」が予定されています。昨年新しい参加者などを迎え、好評だったために今年も企画したとのこと。ともに参加をお願いします。

第23回家族会定期総会
■12月1日(日) 13時 DC会館
終了後、懇親会「たこやきパーティ」