第31回動労千葉サークル協団結ゴルフ大会開催

 

 

 

 

 

 

 

ふくしま共同診療所チュリティー N・P賞

9月18日、秋晴れの中、レークウッド大多喜C・Cにおいて第31回サークル協ゴルフ大会が開催されました。OB・組合員、そして今回は、福島と連帯しストライキで闘う動労水戸の仲間5名も参加し、大盛況でした。組合員、OB、動労水戸の仲間と一緒にラウンドし交流を深め、楽しい一日となりました。
プレイ終了後、成績発表を行い、健闘をたたえ合いました。
今回も、ふくしま共同診療所へのチャリティーホールを設け、参加者からいただいた支援金を送らせていただきました。
今大会は、前回より10名も多くの参加者が集まっていただきました。次回も福島に思いを寄せて、もっと多く参加していただけるようにサークル事務局も頑張りたいと思います。
大会にご協力いただいた方々ありがとうございました。

動労千葉2014冬季物品販売へ
ご協力をお願いします

14年冬の物販オルグが始まりました。
東京地裁・高裁判決ではいずれも不当労働行為を明確に認定させました。しかし、解雇撤回を認めない不当な判決でした。動労千葉は上告し、1月22日に上告理由書を、そして6月30日に鉄道機構の上告理由書への反論を提出しました。
この間、全国の仲間に、「解雇撤回! JR復帰」を求める10万筆署名を訴え、すでに7万筆を超える署名を頂いています。なんとしても10万筆を集め、勝利判決を勝ち取る決意です。
安倍政権が強行した7月1日ー集団的自衛権の閣議決定に対して怒りがますます広がっています。この『戦争する国」への大転換にたいして青年の70%が反対の声をあげていますし、労働運動が後退するなかで、必死に国鉄闘争を闘い抜いてきたことの意義は大きいと、あらためて確信しています。
資本権力への労働者人民の深い怒りは充満しています。この怒りと結合し、闘う労働組合がよみがえった時にこの社会を変える力をもちます。
11・2全国労働者総決起集会の一万人の大結集を実現しよう。
物販は、闘う全国の仲間と連帯と団結を勝ち取る原動力であり、その売上げはそれを基盤として動労千葉の解雇者を守り共に支えあう闘いです。
組合員・家族の支援・協力をよろしくお願いします。