第29回動労総連合定期全国大会を開催

改憲と戦争の安倍政権打倒!1047名解雇撤回-最高裁闘争勝利!外注化阻止!組織拡大へ!
第29回動労総連合定期全国大会を開催

JRー委託先会社での闘い強化し、組織拡大へ!

 動労総連合は、12月15日~16日、千葉市・パークサイドホテルにおいて、第29回定期全国大会を開催し、戦争と改憲、アベノミクスによる労組破壊攻撃に立ち向かうとともに、最高裁10万筆署名運動の貫徹、大量退職を逆手にとった組織破壊攻撃粉砕、JRー鉄道サービスを貫く闘いを強化して組織拡大に組織の総力をあげて起ち上がる方針を満場一致で確立した。

動労総連合の闘いが着実に前進しているー田中委員長

大会は、相馬正利代議員(千葉)を議長に選出して議事が進められ、冒頭、田中委員長から、「この1年間、動労総連合の闘いが着実に前進してきた。千葉では、5・2、10・1ストで外注化阻止に向けてJRーCTSを貫く闘いをかとった。水戸では、被爆労働拒否の闘いが歴史を切り開く闘いとした展開されている。高崎でも組織拡大に向けた闘いが前進した。西日本は組織拡大の先頭で闘いを進めている。まだまだ小さな一歩だが、大きな可能性を持った一歩だ。全ての勢力が時代に負けている中で動労総連合は前進し、勝利の展望を切り拓いている。時代は、歴史の分岐点に立っている。集団的自衛権の行使を絶対に認めることはできない。選挙で自民党が勝った。しかし本質は、資本に対抗できる労働運動が不在だということだ。分割・民営化以来続く労働運動の後退を止めなければならない。JRでも安全が危機に瀕している。大量退職を逆手にとった組織破壊を打ち砕き、業務外注化を粉砕しよう。被爆労働拒否を断固闘おう。組織拡大と全国での拠点作りに全力をあげよう」とのあいさつが行われた。

全代議員からの意見で活発な質疑応答が行われる

執行部より、経過報告、会計報告、会計監査報告が行われた後、13年度運動方針案、予算案が提起され、質疑応答が行われた。
□JR北海道の安全崩壊問題について、動労総連合としてどのように取組むか(西日本)
□山田書記長解雇撤回と中西組合員労災認定に向けて裁判闘争での勝利をかちとりたい。(西日本)
□出向裁判で契約書が出たが、ありもしない業務が記載されるなどズサンな内容だ。また、資格のない運転責任者が指定されている。(高崎)
□高崎では、TTS以外の清掃会社が業務受注を言い出している。(高崎)
□ワンフロアーのため故障が発生した場合、JRが直接指示する状況になっている。(水戸)
□大量退職を迎えるが、エルダーでの行き先がどうなるのか職場で話になっているが、具体的にどのように取り組むのか。(千葉)
□青年の獲得に向けて土台を作ることが重要になっている。特急のイスが回転しずらくなっているが、これはメンテナンスフリー=新保全体系の破綻を示している。(水戸)
□竜田延伸ー被爆労働問題は深刻になっている。総連合全体で闘いたい。総連合の宣伝活動が重要だ。節々での情報を。(水戸)
□貨物職場に若手の配置をかちとりたい。1ヶ月で年休が1日も入らない。分割民営化の矛盾だ。(千葉)
活発な討論が行われた後、本部からの答弁が行われた後、全員の拍手で方針案が採択された。そして、役員選出では信任投票により、全員が信任された。
そして、大会宣言が高らかに読み上げられた後に採択され、最後に、大竹執行委員から閉会あいさつが行われ、田中委員長の団結ガンバロー三唱で動労総連合定期全国大会は成功裡に終了した。