第16回強制出向無効確認訴訟 組合側3人が証言し会社圧倒 –安全破壊・偽装請負の実態暴く–会社証人のウソを徹底追及

10月28日、第16回動労総連合・出向命令無効確認訴訟が行われた。今回の裁判から証人尋問が開始され、約100名の大法廷は完全に埋め尽くされた。

安全破壊・偽装請負の実態暴く

はじめに証言にたった関副委員長は、外注化による安全破壊や偽装請負の現場での実態を証言した。会社側は、幕張車両センターでのポイント割出し事故や銚子派出でのブレーキ緩解など、外注化による重大な事故について、「個人のミスが原因」と主張してきた。これについて、「外注化で指揮命令系統が2つに分かれた」と証言した。外注化がなければ、そもそもミスの起きようがなかったのだ。
反対尋問では会社側弁護士が、スト破り要員をJR側で確保する覚書をCTSと結んでいることについて、「委託業務量を調整することは当然ではないか」としてきた。これに対し、関副委員長は「それならば、組合のストライキ権や団交権はどうなるのか」と反論した。
次に、長田執行委員が証言に立ち、JRによる直接指示や教育訓練が行われている実態を証言した。14年4月の輸送混乱時に指令からCTS作業者に直接指示があった理由を「緊急事態」と会社は主張してきた。これについて、「出区予定時刻から過ぎていたのはわずか1分」「作業者は無線をもっており、CTS管理者を通すのにかかる時間はわずか」と会社の嘘を暴いた。
渡辺青年部書記長は、列車を運転したいという夢をもって入社したことを語り、構内運転の免許を取得していながら、それを活かすことが出来ない職場に配転された現実を語った。また、外注化された派出ではなく、JRに残した千葉派出に対応させるために、人身事故後でも検査などを行わないまま運行させるなど、外注化が鉄道の安全を破壊している実態を明らかにした。

 会社証人のウソを徹底追及

最後に証言に立ったJR千葉支社の笹本は外注化による事故を、「個人のミスで外注化には関係ない」と繰り返した。
また、「10年で出向を解除する計画」と証言したことについて、弁護団から「出向期間は原則3年ではなかったのか」「実際に3年で解除になった人はほとんどいない」と追及した。笹本は、「原則は原則」などと繰り返してごまかそうとした。しかし、さらなる追及を前に、「全員を3年で返す計画はなかった」「来年に返す計画もない」と、「原則3年」がまったくの嘘だったことを認めざるを得なかった。「外注化の目的」としてあげたコストダウンについても、「達成できる時期はわからない」という有様だ。
信号現示や通告が「業務上の指示ではない」という主張についての証言は衝撃的だった。何と、「信号や通告に従うことは、交通ルールに従うことと同じ」などと説明したのだ。閉塞という考え方をはじめ、鉄道信号と一般道路の信号はまったく別物だ。通告も、鉄道の安全上、重要な変更を伝える際に行われる、非常に厳格な指示行為だ。これを単なる「交通ルール」といって、偽装請負をごまかそうとしたのだ。
証言では労働局から指導票が出され、「出向の目的が不明確」など偽装請負の可能性を指摘されていたことが明らかになった。「誤解のないよう、契約書を修正した」と証言したが、「具体的には、詳しくはわからない」と逃げた。たとえ、文言をどう修正しようと、現場の実態は何一つ変わっていない。労働省から 「偽装請負の疑い」をもたれた実態が今も続いているのだ。
最後に関副委員長が質問に立った。ホームにいた作業員にCTS管理者から指示したという証言について、「携帯ももっていなかった。どうやって指示したのか。指令から無線で指示したのではないか」と証言の嘘を暴き、笹本を「確認が取れていない」と答えざるをえないところに追い込んだ。
会社は傍聴に50人以上を動員してきた。われわれの闘いは会社を追い込んでいるのだ。次回は12月16日に行われ、動労水戸と動労連帯高崎の仲間が証言にたつ。さらなる大結集でJR・裁判所を圧倒しよう。