第二波ストライキの方針を確認 -動労千葉第2回支部代

13春闘勝利!外注化粉砕、ワンマン運転反対第二波ストライキへ起ち上がろう!
3・14総決起集会へ結集しよう   

動労千葉は、3月6日、第2回支部代表者会議を開催し、春闘山場における第二波ストライキの方針を確認した。
CTSは、幕張運転車両所を3月1日に一方的に廃止し、幕張事業所と統合した。違法行為をおこないながら何の謝罪も行わず、出向先を廃止するならJRへ戻すべきだという要求も完全に無視して、幕張事業所では東労組などと36協定を結んでいる。こんな外注化は直ちに止めさせなければいけない。外注化粉砕、13春闘勝利、3月ダイ改・ワンマン運転阻止の闘いへ起ち上がろう!  

13春闘決戦過程における闘いの配置について 

課題と獲得目標
① 大幅賃上げ獲得。貨物ベアゼロ・賃下げ、定昇解体粉砕。定年延長。38,000円のベア要求。エルダー調整特別措置による実質賃下げ撤廃要求。
② 検修・構内外注化粉砕。
3・1、第一波ストの成果をもとに違法企業CTSとそこに委託したJRの責任を法的にも裁判においても追究し、職場からの反撃と一体となって第2ラウンドの闘いをつくり出す。
業務の発注における矛盾を追及する中から10月、計画業務外注化を阻止し、強行された外注化そのものを粉砕する。
曖昧にされている運転法規・運転保安問題を徹底的に追究する。
③ 3月ダイ改合理化粉砕、ワンマン化ダイ改実施の中止をあくまで求める。
④ 運転士の高齢化対策
構内外注化によって本線から下りる場所もなくなった現実に対し、将来の不安解消と外注化撤廃を強く求める。
⑤ 組織拡大の実現
あらゆる課題を解決する根源的な力関係を築くため最重要の課題であることから、仕切り直して全体として一歩踏み出す取り組みの再出発とする。
以上の目標実現に向け全組合員によるストライキを配置し、闘いに決起する。

闘いの配置について

ストライキの戦術(東日本)
※検修・構内関係
泊勤務者 3月14日 13時から15日、日勤勤務者の就業時まで
日勤者 3月15日、始業時から終業時まで
木更津支部については3月16日、始業時から日勤勤務者の終了時まで
※本線運転士
※DC(久留里線)
3月15日、泊勤務から3月17日 明け勤務終了時まで
※EC 3月15日、泊勤務から3月16日、日勤勤務終了時まで
営業関係は3月16日を中心にストライキを配置する。
清掃、上回り業務のエルダーは除く。いすみ支部は除く。

春闘ストライキ中の行動いついて
「13春闘勝利、検修・構内外注化粉砕、久留里線ワンマン運転絶対反対、動労千葉総決起集会」
3月14日(木)18時 千葉市民会館・地下小ホール

諸行動について

①検修関係組合員は3月15日、DC会館において第2ラウンドの闘いに向けた意思統一を図る
久留里線ワンマン化反対、木更津駅頭街宣行動
3月16日 14時木更津駅集合
③ストライキ期間中は、全組合員を対象にして、休日及び時間外労働、休日等の変更(休憩時間の変更を含む)、所定以外の作業は一切行わない非協力闘争を配置する。
④職場からの排除、警察権力の動員、組織破壊行為、不当労働行為及び、不当な業務運営、ストライキ妨害行為(受託業務に対するJRからの代務手配等の指定)が行われたと判断した場合は、戦術を拡大する。
⑤各支部は、上記ストライキに向けて、組織拡大の取り組みに全力をあげること。
⑥各支部は闘争方針を全体化するために職場集会等を開催し、万全の意思統一を図ること。