福島とつながろう!  原発をなくそう! 「3・11反原発福島行動14」


郡山市総合体育館

 74人の小児甲状腺がん
3月11日、福島県郡山市総合体育館で、「あきらめられるか! 忘れられるか! 福島の怒りはおさまらない! 3・11反原発福島行動14」が、全国から1100人の結集で行われた。
主催者あいさつで、椎名千恵子さんは、「3年目の3・11です。8・6広島、8・9長崎のように3・11を反原発福島行動の日として行動した、その歴史的な意義をしっかり確かめたい」と訴え、「74人の小児甲状腺がんも原発事故の影響ではないと言い切り、避難先から高濃度の放射能地域へ通学させる、こんなこと許せるか。今年の3・11を原発はいらないという思いだけでは足りない、国のあり方そのものを変える、生き残りをかけた闘いに立つという覚悟を決める日にしましょう」と呼びかけた。つづいて福島の女子高生、沖縄、和歌山の日高原発建設阻止を闘う人士からの訴え、海外からはドイツのゴアレーベン核廃棄物処分場建設反対同盟のケアスティン前委員長、アメリカの運輸労働者連帯委員会のゼルツァーさん、韓国からは全解闘のイホドンさんが連帯のアピール。
午後2時46分黙祷。続いて福島現地からのアピールが行われた。国労郡工支部の橋本さん、動労水戸の羽部君から職場での闘いが報告された。
仮設住宅は収容所
 浪江町・希望の牧場の吉沢正巳さんは「被曝を覚悟しながら牛を飼い続けています。この3年で浪江町の避難者が300人以上亡くなった。仮設住宅の実態は半強制的な収容所、棄民政策だ。除染? ふざけるな。僕らは未来をつぶされた。この無念、空しさ、怒りをもって、残り人生を生きていくしかない。立ち上がって、国民の壮大な、深い連帯、広い連帯、今がその時だ。立ち上がろう」と激しい怒りが会場を圧倒した。
命と健康を守るため
 つづいて、全国農民会議を代表して福島の農民、三里塚の市東さん、福島大生が訴えた。ふくしま共同診療所医師から布施幸彦医師、福島診療所建設委員会の佐藤幸子さんが子どもたちと県民の命と健康を守るため今後も診療所を守り、発展させていくと決意を語った。
平日にもかかわらず、3・11反原発福島行動は大成功した。福島の地元テレビも集会の様子やデモを大きく報道した。

集会宣言

あの日から3年
東京電力福島第一原発はいまだに空に、大地に、海に、私たちの生活の中に放射能を大量にばらまき続けている。
「僕は被ばく者ですか」――誰を責めるでもないこの問いをつぶやく高校生。これから、小児甲状腺がんが増え続けるであろう過酷な子どもたちの現実。
何がオリンピックか。何が再稼働か。大ウソつきの安倍政権。
故郷を家族を心のつながりまでをも分断され続け、苦悩する福島県民を捨てるのか。
声を上げた人たちがいる。母親たち。農民たち。こぶしを上げた人たちがいる。防護服を着た労働者。
この世の中を変えるのはみんなの力。
3・11は全国全世界の反原発の日。鎮魂と闘いの日。福島に立って、未来に向かって社会を変えて行こうと、その思いを一つにする日。
子ども、親、学生、仮設の人々、農民、漁民、全ての労働者の怒りを結集し、自分たちの手で核も原発もない社会をつくろう。
2014年3月11日


デモ解散地点 郡山駅