特定秘密保護法成立弾劾!

国会周辺2万人の怒りの声


組合員を先頭に国会前抗議行動に参加(12月6日)

 

改憲と労組弾圧に進む戦争法断固反対し撤廃まで闘おう

衆・参議院で採決強行 12月6日深夜、特定秘密保護法は衆議院に続き参議院で可決・成立した。何が秘密になのか、どのように秘密が管理されるのか、すべて曖昧なまま、「秘密を暴露したり聞き出そうとすれば懲役10年」ということだけが決定された。その本質は、石破幹事長の「単なる絶叫戦術はテロ行為と同じ」という発言にすべて表われている。政府に都合の悪い情報をすべて隠すと同時に、公務員労働者を最大の焦点として「懲役10年」「適性検査」の脅しで労働運動を叩きつぶし、戦争に突き進むものだ。
そして、安倍政権は、秘密保護法の強行採決・成立を突破口に本格的な改憲攻撃を開始しようとしている。断固反対し法律撤廃まで闘おう。改憲・戦争を阻止しよう。

怒りの声と共に闘おう

安倍政権の採決強行に対し、国会前には最大2万人を越える労働者が怒りを燃やし抗議に立ち上がった。法律成立後も、「まだ終わったわけではない」「あきらめない」と、怒りと行動が広がっている。労働者の意識が大きく動きだし、新たな事態が始まっている。
戦争につながるすべてに反対して闘うことは、労働組合にとって平和のための特別の任務だ。安倍政権は広範に広がる労働者の怒りに追い詰められている。この怒りの声と結びつき、秘密保護法絶対反対、改憲・戦争阻止の闘いに全力で立ち上がろう。